【初のヨーロッパ旅行記 16】ローマ観光で、まさかの、、

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 11:12
3/15〜24の ドイツ イタリア旅行について、
当時のメモを元に 後から加筆して書いてます♪
初心者なのに、フリープラン、自力の旅です(^^;







さて、いよいよローマ観光本番!

実は出発前の天気予報では
私たちのいく先々 雨(又は雪)の予報でー
だから、観光も 天気を見て決めよう、と
候補を いくつか調べただけ やったんよね。

それに疲れ具合も分からないし…
ガッチリ予定を組むのは 無理だと思ってー!


でも、寒いけどお天気も良くて…ほんとラッキー♪
さあ、張り切って出発!!



ところが… 地下鉄に乗ろうとすると、門が閉まってる?
あれ?と思うと、電光掲示板に文字がー
よく分からないけど、strikeの単語が、、。



そういえば、ストライキがよくある って読んだっけ〜〜
と思いつつ…一応確認の為に、
同じように立ち尽くしてる観光客らしき人に聞いてみました。


英語大丈夫ですか?
あれ なんて書いてあるんですか?と尋ねると…

電車には乗れませんよ!
ウォーキング オンリー
って言ってる。

やっぱり…(~_~;)

途方にくれる私たち、、。


バス乗り場に行ってみるも、種類が多すぎるし、仕組みが全く分からない!

※後からネットで調べて分かったんだけど、バス(市バスかな?)もストライキしてたみたい。



観光バスみたいなのが、色々
これ乗らない? って声かけて来るけど…
バスで 観光地を回るだけなんて嫌だ!
行きたい所もあるのよ〜



仕方ないので、歩いて行ける場所だけ まわる事に。


もともと、わりと近い場所を観光する予定ではあったのですが…

私が行きたかったキッチン用品の店と、
イータリー という食材店(東京にもありますが)の巨大な方(ローマ支店)は諦める事に、、。


そして、ちょっと(かなり?)歩く距離が増えましたがー。






知らない土地を歩くのは、日本でも大変なのに
海外となると さらに…!

というか、グーグルマップがあるから、
行くの自体は なんとかなるんだけど…

立ち止まって地図を広げたり、携帯を鞄から出す行為が危険なので 躊躇われるんよね〜f^_^;



○○○




とりあえず。まずはトレビの泉の方を目指します。
分かりやすい道を選ぶ為、
まずは 地下鉄の駅 Repubblicaや ローマ三越がある辺りを目指しました。



これは途中で横切った オペラ座です。
時間があれば、こっちでも見て見たかったな〜




ローマ三越がある広い通りは、ショッピングストリート。
ハイブランド ではなく、手が出そうな店が並びます。





ちょうど冬物セール中のようで
ウィンドウの服が可愛かった店に入り、見てみました。


アウトレットの店だったようで、
これ、タグは英語だけど イタリア製よ。プライスダウンしててお得よ!

と出してくれた服が 15ユーロで可愛いかったので購入〜!2000円くらいですね(^.^)


グレーのニットです。

シンプルだし 日本にもあるかも知れないけど(笑)旅の思い出です?

安くても、ここでしか買えない物って 嬉しいですね^_^





そしてさらに…
可愛いストッキングと 靴下の店を発見♪


イタリアのストッキングは人気と聞いたことがあります。

たしかに、とてもデザインが素敵だし、
靴下もね、日本じゃ見ない感じ!
(と思ってたら、最近見かけたので 今年の流行りなのかな〜??)


後ろに 蝶がついてるの…可愛いでしょ!
価格は1000円弱くらいだったかな〜?


ここの店員さんも、やっぱり色々勧めてくれましたねf^_^;
私はこれが好き!って、めちゃポップなやつを並べてましたね〜(笑)


たぶん観光客慣れしてるんでしょう、
皆さん 英語が通じたし、意思疎通しやすい感じかな。
皆さんフレンドリーでした(^.^)












さて、けっこう歩きました… 少し奥まった所で 分かりにくかったけど、トレビの泉に到着!溢れんばかりの人ですf^_^;


わかります?向こうに ぎっしり!


そして、自撮り棒を販売してる人が沢山、、。スリにも注意です!



私は、いかにも"観光地"って所は そんなに興味がなくてー
というか、限られた時間だし、優先順位の高い場所から行かなきゃね!

でも、トレビの泉は、来て見たかったんよね〜(^.^)


コインを1枚投げると もう一度訪れる事ができる
2枚投げると恋人と ずっと一緒に居られる
3枚投げると 別れられる(笑)そう。

悩みましたけど…2枚投げ入れました! 新婚ですからね(笑)






- ところで…この旅行に際して 自撮り用の、携帯につけるレンズ(セルカレンズ、とか呼ばれてます。)を購入しました。
それは、ズームの逆。引いて撮れるので、自分と後ろの景色も写せます♪


これはクリップ式で、レンズの所につけます。 数百円から 高額な物まで色々あるようですか…
私は楽天ポイントも貯まってたので
ちょっと良いやつ、2000円くらいのを購入!
せっかくなので 歪みなく撮りたいしね(^.^)


2人になってからは、大活躍でしたよ!

パーツを外すと、マクロレンズ(至近距離で撮れる)にもなるし、今後も使えそう♪
-

そのレンズで撮った写真





来れて良かった〜ヽ(*^ω^*)ノ











さて次の目的地は、パンテオン! でもその前に水分補給とトイレ休憩。

少し歩くとスーパーがあったので水を買って、トイレはマクドナルドで。


トレビの泉も近いからか、すごい人…!
買わないでもトイレ借りれたようだけど(2階にありました)
ちょっと休憩して行くことに。


オーダーは、機械。


カードなら支払いもそこで出来たけど、 キャッシュを選んじゃったら、支払いはカウンターへ。
そして、番号が呼ばれるのを待ちます。


飲み物を受け取って、二階の席へ。

座るとすぐ、男性が 写真を見せながら何か言ってきます。
これもガイド本で読みました。
寄付を求めるやつだな?と分かり、
ノー! と追い払うと、しつこくは来ませんが…
マックの中にまで居るなんてビックリ!!


そのうえ、夫がトイレに行ってる時に、
その席に、通路に向いて腰掛けて来たのです!
でもこちらに目を合わそうとは しないし、害はなさそう。。

夫が驚かないように ラインだけ入れといて
(トイレは長蛇の列だったので、待ち時間に見られた)
そっとしとくと、彼が戻る前に 立ち上がっていきました。



は〜〜 ビックリ!f^_^;


私も長蛇の列に並んでトイレを済ませ、再び歩き始めました〜!








次はパンテオン。
夫が見てみたい と言った場所です。
遺跡とか好きなんだそうです(^.^)

ギリシアの神殿みたいな 大きな建物で…
最初は万物神を祭り、
のちに、ラファエルはじめ 様々な偉人も眠っているそう。





最初に目にした側面は、 写真で見るよりも年季の入った迫力があって、凄かったです!歴史の重みを感じます…。

でも中は 綺麗に保たれていました。


入場無料だし、オススメですよ(^.^)






ミケランジェロが、天使の設計 と呼んだ この建物は、
ドーム型の天井に穴があって…
今はガラス張りですが、最初はなくて、でも空気の流れで雨が入りにくい設計なんだそう。
すごい技術ですよね〜




ここは、なんとなく 重い空気がなくて(?)個人的に とても気分良く居られる場所でした(^.^)
教会って、素敵だけど ちょっと重い気がして、、。






正面から









パンテオンの近くには、ナヴォーナという広場があります。
何か立派な建物と、広場中央には彫刻や噴水が。
これ、ガイドブックで読んだな〜
(サンタ アニェーゼ イン アネーゴ教会 だったようです)


確か、この建物の建築家と、噴水を作った彫刻家の仲が悪くて(笑)

彫刻の男性像が、
「こんな建物、見るに耐えないぜ!」という意味で 頭巾?を被せられたり(笑)

「この建物、倒れてくるんじゃね?」


ってイヤミを込めて、手をあげてるのだとかf^_^;
面白すぎる。

まあ、これは作り話 と言われてるそうですが。
(この像の人物は、大河を擬人化したもの なんですって〜 それも面白いですよね!)




そして、口から 水を吐き出す像も…


シュールだわ(笑)




写真などを撮り終え、移動しようとすると…
陽気なイタリア人が近づいてきて、
その靴、いいね!と。

あ〜 これも、ガイドブックで見たわ〜(^^;

それから有名なサッカー選手の名前や 日本語の単語を 色々言ってきます。
もう、こういうのは無視に限ります。

首を横に振りながら、無視〜

もうだいぶ、この手のやつに慣れてきました(^^;





○○○


さぁ、ここからは 元来た方角へ戻ります。ローマ三越の方ね。
ちょっと厳しいウォーキング…30分くらいかな?

せっかくなので、行きとは違う道をチョイス。
ヴェネツィア 広場の方です。

入らないけど遺跡も見られそうだし(^.^)
(地下鉄が動いてたら、駅に向かって電車移動したんだけど…。)




人通りと、車通りの多い道でしたね… ローマの車も、通行人も…強い。無法地帯です。怖い、、!
気をつけて移動。



途中、めちゃくちゃ立派な建物を発見ー!


ヴィットリオ エマヌエーレ2世記念堂


ダイナミック〜

あとでガイドブックを見ると、
ヴェネツィア 広場は ローマの中心 と記されてる。
主要道路が四方へ伸びる 交通の中心地、との事。
車も多いはずです(^^;




そしてさらに行くと、トラヤヌス市場の遺跡へ。


世界最古のショッピングセンター なのだとか(^.^)

今は中が美術館になっているようですね。外から眺めただけですが…ちょっと楽しめました♪



でもこの道。難は、坂がある事。
疲れた私たちには ちょっとこたえますf^_^;


頑張って、ひたすら歩いて、歩いて、
三越ローマの辺りへ〜



でも三越の前に、その斜向かいにある
イータリー という食材屋さんへ行って、遅いランチを食べる事に!

長くなったので、
続きは 次の記事に〜

【初のヨーロッパ旅行記 15】ローマでディナー♪

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 11:00
3/15〜24の ドイツ イタリアの
旅行記を書いてます(^.^)

10数年前に、卒業旅行でタイに行って以来…海外旅行経験無いに等しい私と、
正真正銘、初海外の 英語が苦手な夫との二人旅(笑)

だけど、ガイドなしのフリープランに チャレンジです!

当時のメモを元に、加筆して書いてます(^.^)




すったもんだ ありましたが…
ローマについて、少し休憩してから、さぁ 出かけます♪


本日の予定は、予約してあるディナーのみ。

その近くにはスペイン広場や ブランドショップ街があるので、少し時間を潰してから店へ行く事に。


ホテルから歩けない距離ではないけど 地下鉄で移動する事にしました。



そういえば調べてなかった…地下鉄切符の買い方…!

空港の話だったかも知れないけど、
親切に教えてきて後でお金を請求する人がいる、とか
ニセ警官がいる、とか読んだ事があったので
なんとなく警戒しながら購入!


困った雰囲気を出さない!慣れてるぜ♪って空気を出す…
という変な工夫をする私(笑)






自販機の英語の案内を選んだら、なんとか理解できそう。

ローマの地下鉄は、時間制になってるみたいで…
とりあえず 1番短い100分 1.5ユーロの切符を買いました。

コインを入れるところが ちょっと不思議で…
最初分からなかったんだけど、
コイン入れて、レバーを上にスライドさせるんですよねf^_^;小さな事だけど…違うもんですね。



そしたら隣の老夫婦も 観光客だったようで、分からないで困ってて…
夫が、こうするんだよ って教えてあげてました(^.^)

夫は英語は苦手で、挨拶以外はパスだけど
機械には強いし
自販機は(英語訳は助けつつ)お願いしてました♪





地下鉄には改札があり、
チケットを入れますが、日本と違うのは その場で出てきます。
なのに私… チケットを取らずに改札を通っちゃって…ゲートは閉まって。。
後ろの人に取って貰っちゃいましたf^_^;笑
あはは…


改札、こんなんでした。




地下鉄テルミニ駅からは二つの線が出ていて…その1つで
「Spagnd」という駅へ。


降りてすぐに、スペイン広場が。
ローマの休日でジェラートを食べてるシーンの、あの階段です。

そして、後から知ったのですが…
実は私が挙式をした 宇多津町のシェル エ メールは、このスペイン階段と 教会を模して作ったのだとか、、。





そう言われたら…似てますね!(笑)
式場の方が 大きく見えるし、気づかなかった〜(笑)





スペイン広場は すごい人…!
元々、実は そんなに 行きたい!って場所では無かったので
(式場の事を知ってたら もう少し近づいたけど。)

人も凄かったし、スリが多いと聞いてたので、早々に立ち去りました〜f^_^;

ローマに来たばかりで、まだちょっと怖かったしねー。

ディナーに備えてスカートも履いててー 変な人に目をつけられてもダメだと思って〜(ドレスアップ=お金持ち と思われて。)







さて、そこからの大通りは、ニューヨークにも負けないほどの、ハイブランドショップが並ぶ通り。


コンドッティ通り

実は、道が分かりやすいから通っただけだったんだけど…

でも、さすがハイブランドショップ。ショーウィンドウも素敵だし…
アルマーニの入り口から見えた 男性店員さんやが、息が止まるほど迫力があって…
ちょっといいもの見たな、と思いました(^.^)笑







そして、ある交差点を曲がると
H&Mをはじめ、手頃な店が続きます。

そこでちょっとお買い物…!

実は、ヴェネツィア の劇場同様、
ワンピースと 肌色ストッキングだったんだけど…
(海外は、レストランに短パンやジーパンだと入れない事もあるよ、と読んでたし。)

肌色が見えてる人が、ほんと少ない!!
まぁ、寒かったしね〜
でも、それにしてもホント少なくて。
(観光客が多いから ってのもあると思うけど)

それで、黒いタイツを買いたくてf^_^;


H&Mにはタイツなかったので、他の小さい店に。



ところで。大型店舗では気になりませんが…
ヨーロッパでは まず店の人に挨拶するのが普通だそう。

私は日本でも まぁまぁ そうする方だけど…
無言で入って 色々触って、無言で出て行く日本人は、多分あっちの人からすると ちょっと微妙なんだと思う…。

それに、日本以上に店員さんが
何をお探しですか? と尋ねたり、
これいいよ、これ私は好き(めっちゃ個人の好み!笑)
と 勧めてくれるんですよね…。



で、小さなお店で、挨拶後ストッキングを見てたら話しかけられて…
説明をよく聞くと、どうやら子供サイズを見てたようで(笑)
あなたの?と聞かれて そうだと言うと、店の奥に案内してくれました。


サイズを聞かれ(身長と体重)、表から サイズを調べます。
それで、何色か出してくれて選びました(^.^)



今 履きたいんだけど大丈夫?と訊ねると
もちろん!と お金を払う前にフィッティングへ案内されて、履き替えました。

ジャストサイズです!とても良いですよ、と言ってお会計へ、、。
ぶじ、ミッションを ひとつクリアです!




これまで対応したイタリア人の女性って、わりと年配の方が多かったんですよね。それで、神経質な雰囲気。
で、ここの店員さんは 若いからなのか(?)
なんとなく 言葉以上に 気持ちが通じてる気がしましたね〜




ミュンヘンの友人ともそうなんですが…
語学力の前に、やっぱり個人的な感性の近さ ってあってー
当然ですが、それが合う人とは、意思疎通しやすいですねf^_^;






チラチラとお店を見ながらー
(でも、買う気が無いのに入ると、
さっき書いた理由で 困る事に…。)




また広場に出ます。ポポロ広場です。

あちらは、所々に広場があって、そこから放射状に道が伸びている所が多いですね(^.^)



昔の旅人は、ここの門をくぐってローマに入ったのだとか。

そして、双子教会と呼ばれる よく似た二つの教会があります。







広場から レストランまで歩いていると、文具店を発見…!!
完全に、観光客用じゃなく、実用です(笑)
本気で絵を描く人々が、画材を探してます。

文具好きの私は、ついつい…。

有名ブランドほか、色々
自分用とお土産を購入!

購入後、店内の写真を撮らせて頂きました。


文房具のデザインを見てるだけでシアワセ





さて、小雨も降ってきたし
ちょっと早いけどレストラン へ。

アドホック といいます。


予約してますか?と聞かれ、
はい。福家です、と答え席に案内して貰いました。
コートを預けて、いよいよ食事です。

早め、18:30に予約してたので 人はまだ居ません。






テイスティングメニュー というのがコース料理で、2種類あります。
そして それぞれ、ワイン有りと、無しが選べます。

メニューを1個ずつ選ぶのは難しいので、コースメニューに。
少ない方でも充分、との口コミを見てたので、1番安いもの。
夫はワイン付き、私は無し。



そうそう、それからまず、水を尋ねられますが…
ヨーロッパでは水も有料。
2人でボトル1本置かれて、無くなったら交換されます。

炭酸か 炭酸なしか聞かれるので選びます。
炭酸なしは、ノンガス で通じます。




それと、もっとよく調べておけばよかったんだけど…
トリュフ入りのメニューがあるようで、 最初に 嗅がせてくれるんですよね、、。

良い香りだったな〜!
でも、どれがそのメニューか聞き取れなかったのと、きっと食べれないのでパス。。
なんか勿体ない事したかな〜





実は、ここを予約したのは、
この旅行中に 私達の入籍1周年記念日が あったから♪
(ホントは ヴェネツィアへ移動した日。)

この時期になったのは、たまたま(夫の会社の都合)だったんだけどー

だから、1日ぐらい、ちょっと良いレストランで食事したいね!と
予約を頑張って、ここで食べる事に〜(^.^)

日本円で1万円前後だったと思います。




まずは乾杯!
私は、食前のスパークリングワイン?シャンパン?のみ、少しだけ頂きました♪


まずは前菜。料理の説明と、彼のワインの説明もあります。(早口すぎて全然分からんかった。笑)



次はパスタで、ラビオリと細いパスタ。
ワインは 料理ひとつひとつに合わせて出てきます…!(弱い人は無理やな〜)

パスタが すっごく美味しい!!!日本のとは少し違って…もっちりしてます♪



しかし、この時点で、もうかなりお腹いっぱい…(笑)


次はメインで、説明はよく分からなかったけど、盛り付けがキレイ♪

でもね、たぶん私の苦手な レバーだったんじゃないかな〜と。
最後、ちょっと食べられませんでした(^^;お腹いっぱいと苦手な匂いで…。


彼のワインも肉に合わせ、かなり渋い味だったそうです。





最後、デザートです。
可愛いのが出てきて テンションアップ!



でもさ… さっき、3つあります って言ってなかった??
思わず呟くも…夫は英語苦手なので分からずー
いや〜 それは無いやろう、、と。



もうほんと、お腹いっぱいだね〜と言ってたら、やっぱり!!
次は巨大な ティラミスの マスカルポーネ乗せ??



大きさも、甘さも…ヘビーすぎる!!

もう2人とも、かなり厳しい状態で、、、
ノックアウト!残してしまいました。。

美味しかったし、食べたかったんですけどね〜
入らないーーー




もう終わり?と 下げにきてくれたので、
美味しいけど、お腹いっぱいで…
と言うと、笑ってました。


そして3つ目、最後は スイーツじゃなく、コーヒー&紅茶で、ほっっ。
本当に…お腹いっぱいでした、、f^_^;




そして、チェックプリーズ!と。
あちらのレストランは座席で会計するのが多いみたいですね。


ここも、下調べ不足で…
サービス料 というのが含まれてたら、チップは要らない と書いてたような、、、
でも、ここは含まれてないよね??分からない…
カードで払うなら、伝票を書き直すんだっけ??


色んな疑問で答えが出ず、2人でヒソヒソ、、
彼はお酒も入ってダウン寸前だし…
私も、ササッと ネットでも調べれば良かったんだけど、苦しくて頭も働かずー


で、結局、分かんないけど支払いはそのままで、チップをテーブルに現金で置いて行く事に!


ネット予約だと10%オフで、2人で130ユーロほどだったんですが…
10ユーロ、テーブルの見える所に置いて帰りました。
(代金の10〜20%程度、と読んだ事がありますがー手持ちがなかった…)





ここのレストランは、ウェイトレスさんも固定じゃなかったし、テーブルに置いたら誰が受け取るのかな…
これで良かったのかなー??
考えても分かんないけど、ぐるぐる でしたが…




もしチップ、少なすぎたら申し訳なかったけどー
不安な思いもしたけど、行けて良かった!!

パスタ、すごく美味しかったし♪

記念になりました?


途中で お願いして撮ってもらった2人の写真





○○○○○

あちらでは、レストランだと ドレスコードがある所があると聞いたり…
どんな具合なのか分からなくて、旅行前、色々調べました。


正装するとなると荷物が増えるので、
ほどほどの服装で…でもせっかくなので
美味しくて雰囲気の良い店が良いな〜と
見つけたのが アドホックでした。


でもやっぱり、パズルみたいに情報を繋ぎ合わせてだし…結局、どうなのか分からずドキドキだったんですがー

結局、
後から入ってきた観光客らしき白人さん達は、Gパンでしたし…

もちろん、お店としては あまり汚い格好は嫌でしょうけど、
そこまで気にしないで 入れるお店のようでした(^.^)




そうそう、帰りにお土産で
オリーブオイルを頂きましたよ


レストランの近くに、アドホック と書いたショップも見かけたし…
ワインや オイルの販売にも 力を入れているようですね(^.^)






何個目かの関門を超えて、お腹もいっぱい…
お酒も入って バタンキューでした(^^;

5月のイベント 2つ〜

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 09:00
おはようございます!

旅行記の途中ですが、イベントのお知らせです!!


お声をかけて頂きまして、5月には2つのイベントに参加します(^.^)




まずは、5/5(土) 10〜16時
詫間町 石鎚神宮の 春お祭りです。

私は 久しぶりに、アロマ&雑貨ブースで出店しますよ♪
といっても、あまり沢山の準備は出来ません…。
量は少ないと思いますが、春をワクワク過ごせる物を、準備して行きたいと思うので、ぜひ遊びに来て下さいね〜!
※今回、ハーブティーは持っていけません。屋外なので気温が高い恐れがあって…。
ハーブティーをご希望の方は、
宇多津町の くぼさんのとうふショップでお買い求め下さい






チラシ制作の時には 出店のお返事ができなかったので アトリエいろはは載っていませんがー


カフェにはイベント特別メニューもありますし、
お野菜、 お友達の新聞バッグなど
色んなブースが出ますよ♪







○○○

さてもうひとつは、
5/13(日) 10〜16時
高松市のリフォーム会社 グリュックさんでのイベント
「母の日に 色んな人に ありがとうDay」と題し、マルシェをおこないます。


詳しくは こちらをどうぞ〜
http://gluck-style.jp/news/

場所は、
高松市香西本町87 です(^.^)


こちらでは、コーディネーターさんのリクエストで、蜜蝋リップの手作りワークショップをおこないます!

コーディネーターさんが 気に入って愛用して下さっていて…
本当に潤って、手放せません!
私も、10年愛用中です♪


イベント価格 1500円というお得な体験費になってますので、ぜひいらして下さいね〜!!

この時には ハーブティー(茶葉)も持って行く予定です!
その他の雑貨も、少し持参予定(^-^)






良い香りって、気持ちをあげてくれたり…リラックスできたり…
やっぱり 良いですね!
これから蒸し暑くなる季節には 特におすすめですよ〜(^.^)
(気温や湿度が高いと 悪臭も発生しやすいので)







という事で…
ひとまず簡単に ですが、
イベントのご案内でした!!!

なかなか、お一人の場合
アトリエで講座を受けて頂きにくくなっているので
もしリップや ルームスプレーも予定してるんですがー
気になってる!って方は、いらして下さいね(^.^)

予約無しで大丈夫なのですが、
個数が少ないので…
確実に受けたい方は、予め ご連絡下さいませ。

携帯 09042716040

【初のヨーロッパ旅行記 14】ヴェネチアからローマへ!

  • 2018.04.16 Monday
  • 19:50
3/15〜24の、ドイツ イタリアの旅行記を書いています(^.^)

長くなって来ましたが…
いよいよ、最終都市、ローマへ移動です!



その 移動が、不安なポイント 2つ目だったのですがードキドキ



○○○


ヴェネチアからローマへの移動は、電車(新幹線的な)です。

その前に、ヴェネチアのサンタルチア駅まで移動です。また水上バスのヴァポレット 〜(酔いたくない〜)


乗り場は前日確かめてたけど 時間が分からなかったので、朝一でフロントの人に確認しました。

サンタルチア駅まで行きたいんだけど、 この駅からでokですよね?
駅に 9時くらいに着きたいんだけど、 何分のヴァポレット がある?と…


大事な事は書くのが1番!と思い、
書いた物を見せながら聞くと、8時くいらにでたらオッケーだよ、と。

この時の男性は めちゃくちゃソフトな人でした。
全旅行で1、2を争う ソフトさでしたね(^.^)





朝食は、時間的に 食べないでパンを持って行かせてもらおう!と思って…
食堂の扉が開くのを待っていたら、
中から女性が出てきて。

今日、出発が早いのでパンを持って行っていいですか?

と訊ねると、パンの他にもヨーグルトとか…持って行っていいよ!と。

そして、紙袋と、ナフキンなどが入ったテイクアウトセットを渡してくれました(^.^)


わー!助かる!!(^.^)嬉しかったです。

たくさんお礼を言って、 ビニール袋に詰め込みました!

こういう時の為に、自分でも
ビニール袋と ジップロックは 大目に持っていきましたよ♪







そして…
チェックアウトは 今まで見たことない、ちょっと神経質そうな女性でした。

イタリア人=陽気 というイメージですが、当たり前だけど皆が陽気ではありません(笑)
なんとなく、陽気な人と、逆にすごく神経質そうな人がいるな〜という印象です。


飲み物は飲んだ?と聞かれて、no!と答えましたが、他にも何か言っててハテナ?と思ったら…

サービスかと思ってたポテトチップスが有料だったようで…

(この間にポーターさんを見に行かせたようですね)

あわてて、
ごめんなさい、無料なんだと思ってました!

と言って支払ったんだけど…
ちょっと怖く、No...! と言われちゃってー

まぁ悪気が無いのは分かってるでしょうけど…
微妙に凹んじゃう、気の小さな私たち(笑)

有料なら、値段とか書いて置いといてよ〜!
と思いましたが、
ま、仕方ない。




それから、滞在税 というのがあってー ミュンヘンのホテルはなかったけど、このホテルに来たときに言ってて、
2人で18ユーロでした。
(ローマのホテルはカードが使えたけど、
ここは、現金のみ、と言われました。)




○○○




なんだか ワタワタしちゃいましたがー
いざ、出発!

まずはサンマルコ広場へ向かいます。


早朝のサンマルコ広場


天気が良くて気持ちがいいです(^.^)

あ〜もっと早朝にも来て見たかったな〜



立ち止まると
怪しい人が近寄って来るのを、
(鳩の餌を売りつけようとしたり。)
No!! と、かわしつつ…



ヴァポレット 乗り場へ。





鉛筆で丸してる乗り場(S.Marco Vallaresso)から、
1番のヴァポレット で 駅へ向かいます。


チケットは時間制で、荷物1個まで無料。
スーツケース+上に鞄を乗せてて…
2つだからどうしよう と思ったけど、
皆 そんな感じ…
1個というのは、大きい スーツケースの個数なのかな。


後で何か言われても嫌だから、
自販機じゃなく
人の居る所で買おうかな、と思い…
(荷物も相手に見えるしね。)

駅まで2人
っていうと、チケット売ってくれました。

そして、もうすぐ出るよ!と。




おぉ!と急いだけど 遅くて…出ちゃいました。
でも、早めに出発していたし、少し待って次のに乗りました。

5分?10分?忘れたけど、わりと直ぐに来ましたよ(^.^)







前日は全部歩いて移動したし、
はじめての カナル グランデ(ベネチア本島の メイン運河)です♪



朝日に照らされた運河と町並みは 本当に綺麗で…
ベネチアは何度も訪れたくなる場所だというけど納得です…!







たぶん、サンタマリア サルーテ聖堂…かな〜?


ヴァポレット は、屋根のある座席と、デッキ部分があります。


大人しく座っとこう と思いましたが
景色が綺麗で…!!
夫に荷物番を頼んで デッキ へ。





リアルト橋が正面に…!!
感動〜〜!!



ちなみに、船の中にあった 停車駅の案内

サンタルチア駅の停車場は、
サンタルチア ではなくて!(笑)
Ferrovia という乗り場名です。
電車マークが付いてますね!(^.^)




さて、上陸〜









同じく、初めてのサンタルチア駅。
こぢんまりしてるし、分かりやすかったです(^.^)



○○○




とりあえず、乗る列車のホームを電光掲示板で確認!
ここも、横1列にホームが並んでいるので、ホームを探して歩きまくる…ということはありません。




チケットは 旅行会社にとって貰っているし、
かなり余裕をもって早く出て来たので、時間もあるし
カフェで朝食を食べる事にしました♪
ホテルで貰ったやつは、また食べよう♪




ちょっとしたカフェがあり、
色んなピザ?ピタパン?が並んでて、
テイクアウトしたり、立ち食いや、座席でも食べられるよう。




ガラスケース内のピザを注文しようとしたら、
あっちで先にお金を払ってね、と。


それで、レジで注文しようとすると、 欲しい物の番号を言ってね、と。

行ったり来たり(笑)





それで、二種類のピザ?と、パイナップルのカット、
コーヒー、紅茶(メニューがイタリア語だったので、イングリッシュティーある?と聞きました。)を注文!


お金を払い、そのレシートを持ってショーケース前へ。

それを見せると…
どれにしますか?と。


レジで番号を伝えたけど、価格しか表記されてなくて。
同じ値段のが何個かあるんよね。
欲しい番号伝えたんだから、そこまで表示すればいいのにね!(笑)

これ、フェニーチェ劇場でも、そうでしたよね〜f^_^;



ともあれ、
ピザをゲット!そして別のカウンターで ドリンクもゲット。

ここで飲む?と聞かれたので、
テイクアゥェイ したいです、と答えて…
でもとりあえず 立ち飲みスペースで食べました(^.^)






美味しかっですよ!^_^








行ったり来たりで 時間をとってしまったので、
残りの飲み物は 持って電車へ。







フレッチャ アルジェント(銀の矢、という意味) という列車です。

列車は 改札も無いらしいし、予約席だからか、刻印を押したりも無いそうなので、そのまま乗車♪


ホームの、端っこには 動かない電車が止まってたのかな…?
ホームを けっこう歩きましたがf^_^;






列車の中
座席は荷物置き場の近くが取れました って旅行会社から聞いてたけど
既にいっぱい…!!
あれ?どうしよう?と思ってたら、
見かねた近くの おじちゃんが、
「上に置いたらいいんだよ!」とジェスチャー。でも、
うちらの上の棚は、幅が狭くて。



通路を塞ぐわけにもいかないし〜
結局、座席から離れた席の上に置いて、
時々 注意深く見る事に。。
(列車内でのトラブルも、耳にしますからね。奪って降りられたら、追いかけられないし。)



噂には聞いてたけど、
発車のベルも何もなく、おもむろに出発…!(笑)



新幹線のような位置付けの高速列車で、 スピードは早いけど、めっちゃ揺れる!!
私はまた しばらく 体が揺れるハメに。。(*_*)








私たちの前の席は大学生かな?日本人の男の子のグループでした。

彼らはフィレンツェで降りたので、
荷物置き場が空いて、やっと近くに荷物を置けて安心できました〜f^_^;

一応、チェーンのような鍵を、
旅行鞄と 列車に つけました。




かなり席が空いたので、横に移動〜



私たちも行きたかった…フィレンツェ付近



あちらは、ホームが横1列、って言いましたよね?
主要な都市の駅は、乗り入れになってる(終着駅みたいな感じ。)んですよ。

だから、乗りいれて…そのまま後ろ向きで出発するんですよね(笑)


フィレンツェで、後ろ向きになりましたf^_^;






さぁ、いよいよ到着時間が近づきー
ちょっと予定より早く着いたのかな?とか思って。 海外は時間が正確じゃないし、早い事もあるのかな〜と、ローマで降りたんだけど…


あれ?なんか違和感…!
駅が小さい?? 乗り入れじゃない?

(荷物が重くて段差もあるから 私の力では難しくて…夫に手伝ってもらって、やっと!)

でも… ここ、違う気がする!!

と思った時は 既に遅しで…
なんと、違う駅で降りちゃいました(TT)

東京のつもりが品川だった、みたいな…。(泣)


車内の人が多かったら、降りる人の数が少なくて気づけたかも知れないけど、 少なかったし、何個止まるかまで調べてなくてー。


帰国後、フレッチャ アルジェントの停車駅を調べてみたんだけど、
やっぱり良く分からなくてね〜f^_^;

ローマでは 停車駅が ひとつじゃない、、?





指定席チケットだったのに…
やっちゃった…!! って感じでしたけど、
とりあえずホームから上がって、チケット売り場へ。



そこのカウンターの男性に、
「私はヴェネチアから来たんだけど、
間違ってしまって、、」とチケット(と言っても、ネットを印刷した物。)を見せると


あ〜 次だったのにねー、と。

この人、めっちゃソフトな喋り方で優しかったな〜(/ _ ; )
イタリアで会った中で1番 優しい雰囲気でした(笑)




それで、○番線の ○:○○発の電車に乗ればいいよ、と言いながら、チケットに 書き込んでくれて。

ちょっとした事だけど…
聞き取るより書いてくれた方が、断然、有難いんよね〜^_^


このチケットのままで大丈夫ですか?
と確認したらok との事で、一安心!!


30分ほど後の電車でした。



ほっと胸を撫で下ろして…
ちょっと飲み物を飲む事に。




切符売り場と同じ階にあった お店で、 テイクアゥェイ でコーヒーをお願い!と言うと、、、

え?!っていうほど小さい紙コップに、微量…。。
え?ナニゴト…って感じだったけど(笑)
コーヒー っていうと、エスプレッソが出て来ちゃうみたいですねf^_^;


ほんとすごく少しで、ビックリしちゃった!

まあ、こういう小さな失敗は
たくさん、やらかしましたねぇf^_^;



でもまぁ、体と、パスポートと、大金が大丈夫なら
良し!だと思います(^.^)
小さな間違いは、仕方ないですね〜









そうして…
ホームで待っていると、
時間に、普通電車のような物がやってきました。

乗ってすぐに 駅員さんにチケットをチェックされたので
なんかドキドキしましたが…
説明したら ok! と。

駅員さんがメモを書いてくれてたのも良かったのか…
元々大丈夫な事なのかは よく分からないけどー。



間違えて降りた
Roma Tibrtina(ローマ ティブルティーナ)駅


乗り換えた列車は こんな感じでした。









も〜ほんとドキドキしましたがー
いよいよ ローマ テルミニ駅に到着です!

さすが広い!!

スリが多いとも聞くのでますます気を引き締めて…!



テルミニ駅も やはり、全部ホームが横一列に並んでいるので、簡単!

ホテルの方角もスグわかったし、
駅のすぐ近くだったので 良かった♪

ホテル内の快適さも大切だけど…
大荷物持って移動しますから、分かりやすい場所ってのも、大事ですね〜!






ローマは都会だ〜
車も多かったです!

駅からすぐの大通り添いに
ホテル ベットーヤ メディテラ ネオ
イタリア国旗と、ユーロの旗が ある所です。

それがホテルの目印のようですね。




最後、ローマのホテルは
ちょっと奮発しよう!と 四つ星ホテルで ちょっと高め。(と言っても1人12000円くらいかな)

1番豪華な雰囲気でしたね〜^ - ^






中の雰囲気に ちょっと圧倒されつつ、チェックイン プリーズ!
ここは、パスポートを見せるのみで、カードは不要でした。
朝食の説明のみで滞在税の説明は無し。(最後に支払ったけど。)

鍵はカードキーで、2つ渡されました。
710号室。セブン テン と表現してました。

一瞬、ポーターさんが動こうとしたけど、
フロントの人が止めたような雰囲気…

荷物一個だったからかな〜?
よく分かんないけど。

正直、その方が気がラクでした。
チップのことでドキドキするの…メンドーだからf^_^;







ところで、ヨーロッパのエレベーターは、どれも怪しいです(笑)古いのかな〜?

それと…扉が開いてる時に、階数のボタン押すと、閉まってた…気がします。

このホテルは、ヴェネチアとは違い、ある程度 規則的な部屋の並びで、
中も、1番 豪華な雰囲気でしたね〜(^.^)


階段の様子
やはりリノベーションなのでしょう







バスルームも綺麗だし、アメニティも 1番豪華でした。
(シャンプー、石鹸、靴磨き、裁縫セット)







あ〜 ドキドキして、気力を消耗しましたf^_^;

とりあえず、荷物を置いて、ちょっと休憩! この日の予定は、予約してたディナーのみ。
続きはまた次にー





○○○○○


今回、降り間違いで すったもんだしましたが…
そして、揺れましたけど(笑)

でも電車好きな私としては、
景色の移ろいを見ながら移動できる
電車移動は、いい感じ(^.^)




空港みたいに チェックも色々ないしね〜!


このイタリアの列車(ヨーロッパの、他の物もかな〜)は、早く予約すればするほど 安いのだそう。
でも、単純に上がってくんじゃなくて、日によって 多少の上下があるみたい…。
(正直、意味不明、、笑)

なので旅行会社との やりとりが、やりにくかったんですがー。
(聞いても、夫と相談してから返事するから。)

かなり安く 行けましたよ(^.^)(6500円 ×2名/2等席)



あちらの列車には、1等車と、2等車 があります。普通とグリーン、みたいな感じかな?座席は全て指定でしたが。



列車によっては、1等も2等も あまり値段差がない物もあったんですが…
乗りたい時間の この列車は、1等が ちょっと高かったので、2等にしました。

1等は、座席が広いとか、
ドリンクサービスもあったみたいですが…
(降り間違えなければ)3時間45分の旅なので、
私たち的には、2等でも充分でしたね〜(^-^)

電車の早割を 簡単にできたら、
きっと 気楽にヨーロッパを旅できるでしょうね!

【初のヨーロッパ旅行記 13】ヴェネツィア の夜

  • 2018.04.14 Saturday
  • 11:00
3/15〜24の ドイツ イタリアの旅行記です。

英語の苦手な夫との二人旅。
ドキドキでしたが、ガイドなしのフリープランを楽しみました♪




さて、20日(火)の夜
いよいよオペラ鑑賞です♪



安いガレリア席は、ドレスアップしないでも大丈夫 と書いてたのですが…

なんせ、情報が いまいちハッキリ掴めないんですよね〜
色んな方の旅行記などを参考にしてたんですがー。


悩みつつ、一応 ネイビーのシンプルなワンピースを着ました。

行き帰りが寒いので、さらに上に 同系色のセーターを着て、
ストッキングの上に、レギンスを履いて、膝まで捲り上げて(笑)行きました。
靴は、スニーカーと別に、歩きやすい靴を 一つ持って行ってて。


あちらは道が石畳で歩きにくいし、
洋服も、会場のトイレで着替えた
という記述をよく見ましたが、
それで良いと思います。
ただ、その場合トイレは そんなに数が多くなかったので、早めに行った方が良いと思います。


会場までの道中…
寒かったこともあって、やっぱり足が肌色の人は全然いなくてー!
ヤバイ!目立ってしまう??
(オペラに行く裕福な人 と思われると変な人寄ってくるかも、と不安で)

途中で、ササッと レギンスを下ろしました(笑)
(コートが膝丈だし、まぁ 違和感は少なめ)
季節によりますが… 冬でストッキングを履くなら 黒の方が無難かも、、。



でも劇場前までいくと、足が肌色の人(スカートの人)も居て安心〜


そして、本当にゴージャスな 本物の紳士 淑女も沢山!!

ドキドキしながらチケットを見せて中に入りました。



観光客も多いし、ロビーには
本当にゴージャス ドレッシーな人から、Gパンまで入り乱れ、ちょっと不思議な空間σ^_^;


トイレを探して、とりあえずレギンスを脱ぎ、上のセーターは そのままで良いかな〜
と判断。


ちなみに夫は、白いシャツに、上品め深緑のセーターを着て、下は綿パン。


荷物を預ける と書いてたと思って探したんですが…
結局、たぶんガレリア席の人は 預ける所がなかったのかな?

スタッフに尋ねたけれど、
チケットの番号を見て、
1番、ずーっと上よ
と言うだけ…
不安でしたが、ひたすら階段を登りました。

そして最上階。

スタッフに番号を聞かれ、案内されると
ホントのホントに、最後尾!(笑)

でも、例えばボックス席でも、 その部屋の中で後ろ側だと見えにくいし、 ガレリア席でも もっと柱の陰になる事もあるので、
ちゃんと舞台が見える私たちの席は ラッキー!! 受付のおじちゃん、ありがとう〜(´∀`*)




そして、開演まで少しだけ時間があったので、席を離れて 撮影。

壮観…!
上からの景色は、逆に良い感じです♪
オケのチューニングに、期待が膨らみます。(*^^*)

これが全容


奥の青いのが舞台。
手前にオーケストラ。
そして、その目の前が、平土間。高い席ですね。

そして側面が ボックス席と呼ばれる所。
ここから オペラグラスで 見てる〜
なんてシーン、見た事がありますよね(^^)


会場にもよるみたいですが、
ヴェネツィア は観光客も多いし、そう服装に厳しくもないようです。

平土間とか… あと開演の初日などは
キチンとした格好の方が多いようですがー
(でも、どなたかのブログで、カジュアルな方もいた という記事も見ました。)

私たちのいたガレリアは、ほんと普段着の人が ほとんどでしたし…

でも ドレッシー(ていうかセクシー?)な格好の若い女性も 少し居ました。

ま、とりあえずガレリアの場合、服装は 気にしなくても良さそうですね(^^)






自分の座席からは、こんな感じでした。









そしていよいよ開演…!
ラ・ボエーヌ というオペラで、有名な悲恋の物語。

最初はちょっと単調ですが、途中からは どんどん登場人物も増え 迫力も増し、
舞台セットも くるくる変わります!

本物の火を焚いてたし(この会場は、過去2回も火事になったらしいのに…すごいですね。笑)

役者さんの声も、最後尾の私たちまでシッカリ届いて感動〜!!



ちなみに、イタリア語(多分)と、英語の字幕が 上に出ます)


恋人の女性が病気になってしまうので、
涙を拭う人が あちこち。



ところで西洋では、鼻をすする音を不快に感じるらしく…
そのかわり、かなり盛大に、鼻を ぷーん!と かみます。
耳、変にならんのかな?って心配なほど…
"ずずずー"じゃなくて、"ぷーん"って音を鳴らすのです(笑)
観劇中も、結構大きな音が響いてて、面白かったです(笑)






オペラの途中には、休憩タイムがあってドリンクを飲める(購入)ですが…

ガレリア席は その場所が別、と何かで読んでたので場所に迷い…
でも結局、全員 一階のロビーの所だったようです。



せっかくだし、コーヒーと紅茶でも頂こうかな〜と。

ところが…
先にチケット買ってから カウンターで注文するようですが、メニューがイタリア語オンリー!!
英語ないんだ〜!?

でもコーヒーは なんとなくわかるし、紅茶らしき表示も発見!



これは イングリッシュティー?と聞くと、イエス、と。
それとカフェラテの料金を払いました。
(1つ4ユーロだったかな?)


で、レシート持って 横のカウンターに行くと…
その引換券には値段しか書いてないのよね。
また説明しなきゃ!



でも、そこのおばちゃんが私の英語を聞き取ってくれず…
若い男の子に「ちょっと、頼むわ」みたいに言って、ティーと カプチーノをオーダー。


紅茶も色々あったみたいでー
分かんなかったので、結局、全部のティーバッグを見せてくれて選びました。
そう、ティーバッグなんですよね〜



とりあえずオーダーできて ホッとしてたら
次の部が始まるから戻ってー!といわれ…


火傷しながら少しだけ飲んで 慌てて戻ったのですがー
十分、飲んでからで間に合う感じでした(T_T)











後半も、迫力ある場面が続き、やがて主人公の恋人の死(ラスト)が近づいてきます。
全部の英訳は分からないけど… その悲しみと絶望は伝わってきました。


涙、涙のラスト!


とても良かったです!


夫は興味ないかな〜 分からないかな〜 と心配してたけど…
(すごくザックリした粗筋は、前もって伝えてましたけど。)

もちろん細かい所は分からなかったと思うけどー
けっこう動きのある舞台だったので 楽しんでたようです(^.^)良かった〜!





分からない事だらけで、チャレンジでしたけど…
生のオペラを見られて良かったです!

これは 私にとって、この旅 1番の思い出になりました。(*^^*)




本当は、上映後、平土間に入ってみたかったんですが…
ちょっと降りるのが遅くなっちゃってー
下で聞いてみたけれど、もうクローズドだよ…と。
それだけ、ちょっと残念だったな〜










余韻に ひたりながら、夜のヴェネツィア を歩いて帰りました。





夜のサンマルコ広場も 迫力がありますね…!






そして、もうホテルまで目と鼻の先…
という所で、すれ違いざまに 夫がバラの花を渡されそうに…!

そう、これは観光地によくあるやつで、 受け取ってしまうと お金を要求されます。

夫が反射的に受け取りそうになったので、慌てて阻止し、
強めに No!!! と。

はっきりNoを言うと、それ以上の事はありませんが…
危ない 危ない。


楽しいけれど、やっぱり 小さなトラップは
そこここに転がってるんですよね〜


私は、手口のアレコレを 本やネットで見てたけど…夫には言ってなかったかもー
注意が必要ですね!




旅行中、特にイタリアでは
スリや、こういう詐欺紛いのものや、物乞いが多い と書いていてー

実際、ちょっと変な空気の人の視線を感じる事が何度かありました。


そのため かなり 寄ってくるなオーラを放っていた私。(笑)
ほんとは、ニコニコ、ふわふわ…夢のヨーロッパを楽しみたかったんだけど…

でも、何か被害にあうと、せっかくの旅行に、嫌な思い出も くっついちゃうので…
パスポートとお金の管理だけは、しっかり気をつけた方が良いですよね!(*^^*)

寒い時期で 長いダウンを着てたので、
斜めがけバッグを、コートの中に入れて、ほぼ過ごしてて…
それはちょっと楽でしたね〜(^^)








○○○○○




そうそう。ところで
イタリアのバスルームには、便器のようなものが2つあります(笑)


左はトイレ

もう一つは、足やお尻を洗うようの物なのだそう。

イタリア人は 毎日お風呂に入らなくてー
代わりに、こういうので洗うのだそうですよ〜




それから…
お店などのトイレに、たまに便座がなかったり、女子トイレなのに便座が上がってたりします。
(落ち込まないように注意!笑)

日本には便座シートがあったりしますけど…
衛生面から、他人と同じ所に お尻をつけたくない!ので、
便座を使わず、スクワット状態で 用を足すのだとか(笑)(笑)


私が行った女子トイレには、便座がない所は無かったけど、
男子トイレには あったそうです(笑)

ビックリですよね〜(*^^*)


そんな習慣の違い(?)も、面白いですね!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM