大丈夫です、のお知らせ

  • 2018.07.07 Saturday
  • 21:38
倉敷市の 河川決壊のニュースが沢山流れてて、
多くの方から 安否確認のメールを頂いたりしたので

他にも気にして下さってるかたがいるかも
と思って…
ブログを書くことにしました!



私の住んでる地区は、ニュースの場所からは10キロぐらいは離れていて、
無事に自宅アパートでいます。


今朝は 道路は冠水してたけど、
昼前から雨が減って、徐々に水も引いてきました。

ご心配くださってる 皆さま、
ありがとうございます(u_u)

雨も、まだ降ったり止んだりですけど、峠は越えたのかなぁという感じです。



まだ雨も続くようですし、
地震があったりもしますし…

不安ばかり感じていても仕方ないけれど、
何かあった時に 素早く対応できるような備えは、しておいた方がいいのかな
と、今回痛感しました!

備えあれば憂いなし というやつです。






被害に遭われた方へのお見舞いと…
まだ救出されてない方の安全、
作業に当たっている方々の安全を祈りたいと思います!







そうだ…忘れてたけど
今日は七夕なんですね!


地球の平和と安全、世界の人々の幸せを、
祈りたいと思います…☆

私の結婚3

  • 2018.06.29 Friday
  • 14:11
私の結婚の経緯?について、綴っています〜(^^)


○○○

30歳も後半に入り、良い出会いが欲しいな
って気持ちの一方で、
でも結婚が怖かったり、付き合う事に臆病になってたり…。

かなりメンドクサイ状態になってましたが(笑)
「このままでは 出会いも少ないし、今年は自分から何か動くぞ!」と思っていた 3月頃…

知人が、
「私の知り合いが こういうイベントをするんやけど、行ってみない?と連絡をくれました。

"婚活や友活" って感じで、ガッツリ結婚 って感じではなくて。
当時の私には、そのくらいのノリの方が、ちょうど良いかな〜 って感じでした。

まだ絶対結婚するぞ!みたいな覚悟は出来てなかったし(笑)

何より会場がね、うちのすごく近所のカフェだったんですよね。

車に乗れない私は、場所によってはムリだったんだけど。
自転車でgo!(笑)

1人もなんか不安だったので、
独身の若いお友達にも声をかけて
(若くて可愛い子に声をかけると言う、無謀な私。でもご縁って、そういうのじゃ無いですよね。。)



でもね、当時の私の気持ちとしては、
そこで見つけられる とは全然思ってなかったんです…実は。

初対面の人に 自分を伝えるのは苦手だったし、
そんな簡単に 出会えないだろう、と。

でも、何か動くぞ!って思ってたので、そのスタートとしてね、行ってみようかな!みたいな気持ちでした。
動き出したら、運気のような物も 動くんじゃないか、みたいな。



でもね、一応行くからには…って、
友達にワンピースを借りて
(カジュアルか、仕事用的なのしか持ってなかったから)出かけましたよ!(笑)


それでね、カフェのイベントは…
もう早速、友達とは席を離されて着席(;o;)不安不安

17〜8名ずつくらい居たかなぁ、男女。もうちょっと居たかな?

4人がけテーブルに女子2人座ってて、
そこに男子2名ずつ、ぐるぐる回って行くんです。自己紹介シート みたいなのを持って。

それがね…忘れちゃったけど、ひとグループ2〜3分くらい??
あっという間に席替えでー

目が回る…


一応、年齢はチェックしつつ(2〜40歳で広かったし。)
あとは、この場をなんとかしなくては!ってモードで、
仕事の話とか、家 近いかも〜 とか…ソツなく対応する感じ^_^;


でもね、一周した後に、気になる人の番号を2名書いて下さい って言われてて。

これでは分からんわ!と思ったけど…
変に真面目な私は、参加したからには、1人ぐらい記入しないと。前向きに!
っていう変なスイッチが入ってて(笑)

このままでは 誰も気になる人いないな〜
話しやすい人の番号、覚えておかなくちゃ!と思って…

年齢が離れすぎてなくて、話しやすかった人の番号を1人だけ記憶。

実はそれが、夫でした。



正直に書くと、すごく好みだったとか
すごく感じが良かったとか…そういうのでは無かったです。

でも、自然に話せる感じはしました。弟と話すような?



それでね、その結果が本人に伝えられて、また2周目。
同じように、すごく早い…。

つ…疲れる、、。
食べ物も食べられない^_^;

そんな感じでしたがー


2週目を終えて、もう一度、最後に名前を書きます。
それでカップルになると、発表されて、何か特典があったと思います。
(美容師さんの主催で… カットしてくれる、とかだったかな〜)


でもね、もしカップルになってオメデトウって言われても困る…!
(付き合いたい!みたいな気持ちじゃなかったし)
と思って、2回目は誰も書きませんでした。


そのイベントでは、誰もカップルはできずに終了〜。
それで、1番奥にいた 友達を待っていたら、夫が話しかけて来たのです。

相手には、私が番号を書いたことは伝わってますからね。
(夫は 最初は私の番号を書いてなかったけど、2回目は書いたそうです)


イベント後も ○時まではフリーでカフェを使えるので、そこでゆっくり話してみて下さい
って言われてましたが、
私は帰るモードだったので…

夫が、よかったらライン交換しませんか
と言って、交換して その日は帰りました。




それでね、ライン マメな夫は(今でも)
そこから毎日のようにラインをくれて、すぐにご飯に誘われました。



と書くと、旦那さんに 気にいられたのね〜積極的に誘われていいな
って思うかも知れませんけど…


後から夫に聞くと
この時点では私の事を特別好きでは無いですからね。(笑)

もちろん、マイナスな印象では無かったようですが…

せっかく参加したし、相手は自分に好印象のようだし、繋げておこう

という感じかな(笑)
ラインマメなのは元から、友人にもだし。


だからね、2人とも
映画のような?一目惚れ! とか、最初から すごく好きだった訳ではありません。
そんな始まりです…(^^)




でもね、今とても仲良しだし、
うら若き頃の(笑)
恥ずかしくて相手の顔も見れないようなドキドキではないにしろ、普通にトキメク気持ちも 味わって結婚できました。





私は、誰かの紹介で付き合ったり、
コンパで知り合って すぐ付き合ってみた
とかいう経験がなかったので
婚活(お見合い、パーティー、紹介やマッチング等)して その人と結婚 っていうイメージが最初 湧きづらかったんだけど。


そういう出会い方でも、会いながら 仲を深めたり好きになっていく
っていうことが、普通にできるんだな〜
と、思ったのでした〜


なぜ、自分にはそれが出来ない・苦手
って思い込んでたのか分からないけどね。







友達がね、言ってました。

普通の出会いを運命に変えるのが、運命の出会いなんだ
みたいな…

↑うろ覚えだけど。

私も、そう思います(^^)
全然、ドラマチックでもなんでもない出会いですけど、私たちも。



私はね、既に運命だと今も思っているし…
これから先、もっと2人で積み重ねていった時、もっともっと、この出会いは運命だった
と、そう思えたらいいな〜 と思っています(^^)

私の結婚 2

  • 2018.06.29 Friday
  • 13:04
こんにちは(^^)
梅雨空…というか、雷がなって、もうすぐ梅雨明けなのかな〜
今年は梅雨入りも早かったしねー




先日 友人が恒例の誕生会を開いてくれて帰省(^^)
ちょうど、ハーブ講座を受けたい という方もいて、お友達同士で 受講して下さいました。

今は、ご依頼を頂いた時だけの、縮小営業ですが…
私自身も こんな風に たまにハーブに触れられて、人と交流もできて、本当に 有難いです!





今日は先日の続き、私の婚活(って言葉、ほんとは好きじゃないんだけどね〜)について書きたいと思うのですがー
※題名を、婚活から結婚 に変えてみました^^;




今、結婚して、お互いの価値観や習慣の違いに、え!? となる事も、勿論たまにはありますが…
でもね、逆に 思ったよりラクだったとか、そういう事も多いです。



その1つが、こんな風に、時々 実家に泊りがけで帰れる事。


そもそも転勤なんて夢にも思ってなかったので、こういう想像はしてなかったんですがー

うちは、母が自分の用事で家を空ける事って、ほんと無かったんですよね。
(母はもともと そんなに外に出ないタイプだったからなんですが。)


でもね。だからなんとなく、夫が仕事なのに
私が泊りがけで出かける って、すごく申し訳ない事だと思ってました。
まして、遊びに帰る とかね(笑)

周りにも、"妻にはいつも家にいてほしい"タイプの旦那さんの話が多くて、そういうものだと、思ってたんだと思います。


でも、夫は 機嫌が悪くなる事もなく、
「友達に会ってきたらいいよ」
と言ってくれて。

私:ご飯作ってこうか? 夫「ご飯は 適当に食べるよ」(←洗い物が面倒だからやけど。笑)

私:洗濯は置いといて〜。服足りるでしょ。
夫「洗濯乾燥機するよ。ボタン押すだけやし」



…そうなんだ!! 驚く私…!


まあ、転勤 引っ越しで 知り合いの居ない私の精神面を心配して、時々 帰してくれる
って面もあると思うけどー

でも そんな訳で、
私の結婚前の(無意識の)イメージとは裏腹に、頻繁に実家に泊まりで帰れています(^^)
有難い!!

夫も、たまの夜ラーメンや、1人の気楽な時間を楽しんでるんじゃないかな〜と思ったりもしてます。






人って、無意識に、自分の育った家・つまり両親をモデルにしちゃうんですよね。
自分にとっての「普通」「常識」になる。

そういう事、知識として知っていたのですが…それでもやっぱり、無意識に、

夫婦とはこういうもの
こういう時は こうするもの
こうしたら(夫は)嫌がるだろう

と… 本当に無意識に思って、先回りして行動してたりします。

ある時、言ってみたら 夫は違ってた って事、ありますね。






逆に、私が怒った事(笑)としては…
1つの皿に盛った料理を、私が食べてなくても全部食べちゃう事。

実家は皆、譲り合ったり、人にどうぞ ってタイプなんよね。
別にそんなに大げさな事じゃなく、なんとなく全体のバランスを見てる。


でもね、夫は全く見てないのよねぇ。
三人兄弟の 歳の離れた末っ子だし、譲る必要も無かったのかも知れない…

↑微笑ましいグチに見えるかも知れないけど、
何度言っても サッサと全部無くなってると(私、食べるの遅いし、気づいたら無いのよね〜) さすがにホント腹が立ってきてね…

でも自己分析してみると、
全部食べてしまう事を、「私の事を思いやってくれてない」と結びつけてしまって、悲しかったようです、私。

でも思いやり・愛情とは別次元のモンダイですねぇ^^;


「適当に相手の様子を見て 加減して食べる」という私にとっては簡単な事が、
彼は本当に苦手なんだな、と分かり…
(私が強めに怒ったあと、私の食べる量を見る様子が、とても不自然・不器用な様子だったので(笑)

仕方ないな、と思っています。。

全部 分けて盛ればいいんだけど…帰宅が遅いし お皿の数、少なくしたいしね。
解決はしてないんだけどね(笑)







○○○

婚活の事じゃなくて、今の話になっちゃった。。
次に書きますね、こないだの続きは。


ま、とにかく
私は 結婚や 付き合うことにカナリ臆病になってましたけど、
本当に、蓋を開けてみると全然違うもんです。
それを痛感しています(^^)

私の結婚(婚活)

  • 2018.06.18 Monday
  • 18:31
こんにちは。
今朝の地震は 倉敷も、短いけど強めに揺れました。

被害の大きかった地域の復旧と、被害に合われた方のご冥福を 心よりお祈りしています。

そして、まだ余震などの可能性もあるようなので、注意して過ごしたいですね。






○○○

さて。 先日、今度は 私の結婚について書こうと思います
と書いたので、今日はその事について。





えーと、何から書こうかな〜


私…けっこう 拗らせてた というか(笑)
実はずっと、「私は結婚しないと思う」って言ってました(^^; 20代頃かな
親にも公言してた…。


30歳過ぎた頃から、
良い人がいたら しようかな〜
くらいに変わっていったけど…

でもガチガチにガードが堅くて(笑)
誘われて食事や 遊びに出かけるくらいは何度かあったのですがー
いつも相手の粗探しをして、
この人は 辞めておいた方がいい
って、思ってた気がします…。(^^;



こうなってしまった原因は 色々あったんですが…(苦笑)



そもそも お付き合いに関して、
恋愛に疲れたというか、臆病になってた事や(そもそも恋愛に向いてない。笑)
大切な人を失う事が怖くて踏み出せなくなった事


それに加えて 結婚となると、
私は母のようには出来ない
(父は優しいけど けっこう亭主関白だし、祖父母と同居してたし…
私には無理だ〜と感じてた)

という思いも強くて。





私はわりと 良妻賢母的に 見られて、
結婚願望が強めな男性にアプローチされたり、

これは私の勝手な想像なんだけど、母親のように世話をしてくれる事を求められてる
(ように感じる)事が多くて…


なんかね、結婚したら 家政婦のように働かされるんじゃないか、みたいな恐怖があったんですよね…(笑)


私ね、本来お世話するのは嫌いじゃないから、それで良いハズだったのに…
尽くすばかりになるのが怖かったというか…とにかく すごく警戒してた訳です。





でもね…30半ばくらいからは、
「良い人見つけて結婚するぞ!」と言うようにはなりました。(遅…

でもそれでもまだ、口だけという感じ。。
この頃が 1番しんどかったかもー

「したい!」とは思うようになってたけど、「怖い!」が同じだけ強くて。

頑張ってアクセル踏んでるけど、サイドブレーキかかったまま、みたいな(笑)





それにね…
30代も後半になると、チラッと紹介の話が出たりする その内容が、

年齢がすごーく上 とか、バツイチ とか、
髪の毛がちょっと… とか(笑)



「とても素敵な人だけど、○○」
とか言われたら、まだ 興味もちょっと湧いたかも知れないんだけど、

「仕事はしっかりしてるけど、○○」
というのが多くて…。



実際、性格とか 目に見えない事は
相性もあるから 分からないし、無理ないんだけどね…


当時の私にとって、仕事が安定してる
っていうのは、あまり優先事項じゃなくて。
性格が合うとか、魅力的な人柄とか…そういうものを求めてたんですよね。



プラスの内容が 仕事の安定のみで、
あとは(私にとって)特にプラスじゃない情報なもんで、全然 興味が湧かなくて(^^;




今思えば、会ってたら良かったのに〜
(いや、今の夫と結婚できて良かったから、会わなくて良かったんだけどね。)

まだ全然、本気で探す!って感じじゃなくて、
触手が動いたら 会ってみようかな
っていう状態でした(^^;




それから、
恋愛が下手なクセに、好きな人と結婚したい! と思っていて。
若い時みたいなドキドキは要らないけど、せめて、一緒にいて ほっとするとか、とにかく 好き と思える人が良かった。

だから、どこかで
お見合いとか 結婚相談所で、条件で決めるのは無理だ!と思ってたし、
そういう場で 自分を表現したり、相手を見極める自信もなかったし(笑)、
自分の年齢だと、あまり有利ではない という思いもありました。

だからこそ、どこかで出会えないかな〜
って、アンテナだけは 一応、張るようにしてたのですが…。



↑でもね、今思うのは、
お見合いや 結婚相談所で出会って、
好きになってから結婚する事も出来た
と思いますし、合う人だって居たかも知れない。




当時の私は、
恋愛 or お見合い(紹介や結婚相談所 含む)
と思ってて。


確かに、お見合いや 相談所だと
結婚前提の話なので、普通より早く決断しなくちゃダメですが…
でも、
出会いのキッカケはお見合いで、
そこから 好きになる可能性もあったのにな〜 と、思います。

なんでか、お見合いとかだと
好きになれないような、そんな思い込みがありましたね…。






で、結局 じゃあどうやって出会ったのかと言うと…
知り合いの方が教えてくれたイベントなんですよね〜

結婚に限定してはないけど、婚活イベントのような感じ。

まさか!!
って感じでしょ?(笑)

私も、ほんと、まさか!? でした(^^;




○○○

かなり書くの恥ずかしいんですが…

もしも 前の私と同じように結婚に悩んでいる方がいたら 何か参考になれば良いな〜
と思って 書いてます^ ^


続きは また〜

そろそろ 活動開始、かな〜?

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 19:23
ちょっとご無沙汰でした〜


5月、6月は 夫の仕事がすごく大変な時期で…
帰宅が11時過ぎる事もあり、
ラストなんて、11時前に帰宅して6時過ぎに出かけて行きました。。

それも昨日で 一応 収束!

ほんま ご苦労さま…!!

私も、頑張った〜〜T^T




昼間は自分のペースでやれるんだけどね。
やっぱり夜と朝が大変で、さらに睡眠時間が短いと、日中もシンドくて、、。

私…ホントは8時間くらい睡眠が必要だから!!!

そもそも 普段から(早くて23:30に寝て6時に起きる)睡眠 足りてないんよね〜(;_;)トホホ


まぁ、体調みながら 昼寝したりして
やってくしかありませんね…。



冒頭からグチで ごめんなさい(^^;
やっぱり、喋って発散できないのは
ちょっと辛くてー







この、今の大変さの 良いところって何かな
って、無理矢理(笑)考えてみると…

休日に すごく幸せを感じられる
(明日弁当作らんでいい ってだけでシアワセ。朝寝でシアワセ。買い物 車で連れてって貰えてシアワセ。)
とか。

旦那さんに 飽きない ←一緒にいる時間短くて
とか?(笑)(笑)

あと、そうだ!自由な時間が長い
だね〜



でもその割に、さっき言った感じで
日中もシンドくて、あんまり たいした事は出来てないんよね〜




でもね、ここ数日、なんか むくむくと
新しいこと始めたい!
って気持ちが湧いてきてます。



ほんとはね、その前に やらなイカンこと、2〜3個あるんやけど…
気が乗らない事だから腰が重くて、、(^^;

だからね、楽しい事とセット(?)で 動こうかな〜 などと思っています(笑)


とりあえずは 調べたり、電話してみたり…
楽しい事でさえ、新しい事っていうのは
エネルギー使いますねぇ。
久しぶりに 実感しました。


そう、人って、どんなに大変な事でも
"そのまま続けようとする"性質があるから、"変化する" って実はとってもエネルギーを使うんですよね〜


私は、
なんていうか 風をよむ みたいな感じで、流れに乗って動いたり、変わっていく事は得意なんだけど、
全くキッカケなく 自主的に動く!
って、よく考えたら 苦手かも知れんな〜

と、ふと思いました。




でもね、なんか今は
"勝手に動いてしまう" とはちょっと違うんだけど、
"動く時が来た!?"みたいな…

よく分からない 信号が、どこかから来ています(笑)




そういえば、夫と出会う前も ちょっとそんな感じだったかな〜?

そうだ!
めちゃプライベートな事を書くのは ちょっと恥ずかしいですが
(いや、今までもプライベート書いてるな〜)
私の 結婚観とか? 婚活時期の気持ちを、また今度書いてみようと思います。


このブログ、どんな方が読んで下さってるのか分からないけどー
もし 同じように思ってる方がいたら、何か参考になれば良いなと思います。


ではでは、また〜^_^

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM