これまでの歩み(3)私の根っこにあるもの。

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 16:20
私のこれまでの歩みについて、書いてます^ ^
ちょっと重たい内容もありますが…
(なるべくサラッと書くつもりですが。)

どうして私が内面的な事、スピリチュアルな事に興味を持つようになったのか。少し時間を遡って、大きなキッカケになった事を、書きたいと思います。

興味のある方は ご覧ください・・^ ^





前の記事に書きましたが…
私がカラーセラピーを習ったのは、
京都で働いていた時に、実家にUターンするのが決まった事がキッカケでした。(この頃も、心身共に疲れてました)



子どもの頃から、
「人生とは…」みたいな(笑) スピリチュアルというか、内面的な事って興味があったんですが…

人生とか、命とか…
そういう事を考えるキッカケになった決定的な出来事がありました。

それは、高校3年生の時に 同級生が亡くなった事です。

小学校からの同級生で…実は、ずっと好きだった男の子でした。

小学校の頃は仲が良かったんだけど、中学に入って、
周りに冷やかされたり、(彼はとてもモテるようになったので)ファンの女子に私が呼び出しを受けたり…
(わ〜〜中学生!って感じですよね。笑)
色んな事があって、気まずくて話せなくなって。。

今思えば とても甘酸っぱいというか…
気にしないで話せば良かったのに!と思うけど、中学生ですからね、そうなりますよね。

そんなこんなで、気まずいまま卒業して、高校は別々。

でもずっと好きだったので、連絡を取ろう!と思っていた矢先、友人から電話が。
彼が亡くなったという知らせでした…。

その時の気持ちは複雑すぎて、一言では言えませんが…
1年近くは毎日のように泣いていたように思います。

高校3年の夏休みだったので、
「勉強を頑張る!大学生活を有意義なものにする!」
という目標に向かう事で、なんとか自分を保っていたような気もします。



そうしながら、色んな事 考えました。
どうして??とか
天国って本当にあるのか、とか運命って決まってるのか、とか他にも色々…
答えは出ない事ばかりだったけどー。


自分は彼のぶんも しっかり生きなきゃ!
とも思ったし…でも、
彼の居ない世界には なんの希望もないようにも思いました。

高校に入ってからは会ってさえいなかったけど、私にとって大きな存在で、すごく気持ち的に依存してたんですよね〜




でもね、 それから、私は大学に入って
授業も部活も とても楽しかったし、
やがて仲の良い男の子もできて、付き合う事になりました。

ハッピーだったけど、いつも心の何処かに不安があって…
ちょっと連絡が取れないと死んじゃったんじゃないか って怖くなったりー
とにかく色々心配で。。


その彼はね…すごく優しい良い人だったけど、時間にルーズで 寝坊の多い人でね(笑)
頭では分かってるんだけど、
「また寝てるんかな〜 でも!もしかしてバイク事故とかー」 …要はフラッシュバックみたいになって、耐えられなくてー

「心配しすぎ!大丈夫。」と明るく言ったり、逆ギレするぐらいの人なら、逆に良かったのかも知れないけど…
優しい人だから、私を苦しめる事が辛そうだったな。。←まぁ、そもそもは寝坊しなきゃいいんだけど。


今思うと申し訳なかったな〜と思います。。
まぁ、彼の遅刻グセは、普通にけっこう酷かったけどね(^-^;(笑)




卒業後の進路を決め始めた頃…
別れるキッカケは私が作ってしまったんだけどー
(↑遅刻をはじめ、他にも色々不安が積もり積もって、私が 耐えられなくなってしまって…)

でも、自分から距離をとったくせに、それが苦しくてー



今思うと、
いつか失うのが怖くて、怖すぎて…
先に こちらから断ち切ったのだと思います。

(そうしたかった訳じゃないけど、仕方なかったんですよね。
私自身が もう苦しくて…そういう行動をとってしまった。。)






少し前に、私の結婚の事、書きましたけど…
"大切な人ができたら、その人を失うのが怖い"
っていう、おっきな恐怖が
私の1番強いブレーキだったんです。

この時の別れも、(自分が引き起こしといて ナンですが) けっこう尾をひいてしまいましたし…。


(あ、でも一応、
大学卒業後も 少しですが
普通にお付き合いしたり 恋愛?したりしてます。
怯えながら ですけどね(笑)


別れたり、何かあるたびに
トラウマを上塗りしてた感じかもしれないけどね…(^-^; )






という事で、かなり 端折ってるけど
私が色んな事を考えるようになった 大きなキッカケは 大切な人との別れ でした。





同級生の事は、

「この出来事がキッカケで
より自分と向き合うようになったし、
スピリチュアルな事に興味を持つようになった。
色んな事を私に教えてくれた。」

そう言ってしまうと、
彼が亡くなった事を肯定してしまう気がして…

ずっとどこかで抵抗してる自分が居て。

ずっと、そう言えなかったけどー


でも。
やっぱり、そうなんだと思う…

ずっと、色や形を変えながら…私の中にあった色んな気持ち。問いかけ。

彼が人生かけて教えてくれた事。



ゲンキンかも知れないけど…
今、結婚して
夫と過ごす日常を こんな風に大切に思えるのは、
やっぱり この体験のおかげなんだと思う。

この日常は、私にとって 決して当たり前じゃない…!
私はそれを痛いほど知ってるから。。
こんな風に、平凡を大切にできるのは、やっぱり 過去の経験があったから なんだと思う。



まぁ、たまにまだ 不安(夫が居なくなったら…何かあったら…)が出る事もあるけど、
随分と…いや かなり、マシになりました。


それは時間という薬と…
過去のいくつものターニングポイントで、
色んな方のセラピーとかを受けたりしたお陰もあると思うし。
それから、夫の なんとなく安定した存在感のお陰も大きいかもしれませんね(笑)







という事で…
楽しかったり 幸せだった瞬間も多々あるけど、
色んな事を考えたり…

大袈裟に言うと、自分が生きる意味を探してた。
そんな 2〜30代でしたね〜


(いつも…こんな自分じゃダメ!って思ってたけどー
今は、必死で生きてきた自分に
よく頑張ったね! って言いたいです。)










その暗中模索…生きる意味を探してた中で、

沢山の方と出会ったし、

心と体の事、スピリチュアルな事を知りました。


自分自身の為にも知りたかったし、
それが自分の大切な人の為にもなると良いな〜

同じように、自分探しをしていたり、心と体の繋がりが弱かったり、なんかモヤモヤしてる人の役に立てたらいいな と思っていました。


物作りやアロマも、
毎日を少しでも快適でハッピーにする為に 自分が見つけた小さな工夫だったんですよね〜


おっきな夢や目標って、私は無かったから。
日々の小さな楽しみ、心地よさを見つけよう!と思って。
そしてそれを発信してみよう!と。


アメブロで書いてる事も、
「丸亀さんぽ→倉敷さんぽ」で書いてることも、その延長^ ^

だからね、私のやってきた活動って、
内容・分野はバラバラだけど
そういう意味で 私の中では繋がってるんです!






--------


かなり個人的、内面的な事なので、
書くの迷ったんだけど…
これから進んで行くための宣言!みたいな感じで、書いておきたいな〜 と思って。


ここまで読んでくださった方、ありがとうございました^ ^

これまでの歩み (2)スピリチュアル

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 16:05
1度涼しくなったのに、また蒸し暑くなりましたね(^^;;

"夏バテ"って、暑い時じゃなくて、
夏の疲れが出て、秋にするものらしいですよ〜

からだ、大切にしましょうね〜〜



さて、前回の続き。
「私とカラーセラピーの出会い(1)」の続きを書こうと思ったんですがー


カラーセラピーとの"出会い"は、書ききりましたよね(^-^;

なので、それから どんな風に歩んできたかを書こうと思います。







京都で習ってきたカラーセラピー。
あの頃はまだまだ カラーセラピーってマイナーで、
「似合う色が分かるの?」と言われる事もありましたが…

私自身、カラーセラピーって凄いなぁ!惹かれる色から こんなに色んな事が分かるんだ!
と思ったので、それを伝えたくて^ ^

器心家さんで時々 イベントをさせて頂いてました。



でも、凄いね!って言ってもらう一方で…なんかモヤモヤした時期でした。
頼まれてやっていたバイト(+家庭教師)と、たまにイベントをやる日々。

実家に甘えていたし生活には困らないけど
先が見えないモヤモヤ…
皆、しっかり社会人して、お金もあって…

そうじゃない私にモヤモヤ…


バイト自体は、ちょっと遠いのが難だけど、
仕事自体は 不快じゃなかったんです。

でも、昼前〜昼過ぎなので、他の予定を入れづらいし、そんなに金額も多くないんですよね。

元々、オープンして落ち着くまでの約束だったのが、事情が変わって続けてたんだけど…
なんとなく、このままじゃダメな気がして。
それで、バイトは辞めました。



でもね、次のビジョンがある訳でもなくて。

なんか、Uターンしてすぐバイトも始めてバタバタしてたけど…
バイトを辞めて ふと立ち止まったら、
色んな疲れ?がドバッと出た、みたいな感じで、体も心も重かった。。


今思うと、この時期の私は、
もし病院に行ったら「鬱です」って言われてたかも知れないなと思います(^^;;

カラーセラピーをしても、
共感しすぎて(?) 私がしんどくなってしまって…
少しカラーセラピーからも 離れたりしました。


でもね。何もしない訳にもいかないし…何もしたくない気持ちと、
何かやらなきゃ! って気持ちと…
すごく、踠き苦しみました。

私の中にあった 弱い面が、すごく表に出た時期ですね。






その時期、家族や友人にも助けて貰ったし…
それから、人との出会いにも助けられました。

今は(引っ越されたし)そんなにお付き合いはないんだけどー

すごくナチュラルに、でもスピリチュアルに生きている人達に出会って。



私、前にも書いたけど、
いわゆる霊感がある とか不思議な力がある
とかではなかったけど…

なんか感覚が鋭かったり、目に見えないものを感知しやすい質で。

でも、感知するばかりで、どうする事もできなくて…
それどころか、そういうのを背負ってしまったり、自分がしんどくなってたんよね。


でも、そういう自分の性質を どうしたらいいのか分からなかったし、分かってくれる人もいない、って思ってた。

それが、友人の紹介でたまたま知り合った人たちは、
すごくナチュラルに、でもスピリチュアルな事を受け入れて生活していて。


スピリチュアルだけど、怪しい感じじゃなくて、とにかくナチュラルだった。
地に足がついてたんでしょうね。

(その人はカウンセリングをしていて、私はそれを受けて、小さなアロマオイルもくれました。)


それで、
あぁ、こんな人たちもいるんだな〜とか、
自分を分かって貰えた感じとか、
こんな風に生きられる、生きていいんだ
みたいな。


20代の半ばくらいだった私。
自分の繊細さや弱さを否定していて、
はやく強く、大人にならなくちゃ!って思っていたんだけど…

繊細な感性のまま、ちゃんと大人になれるんだな〜

って、その人たちに会って知る事ができたんです。






それから…

カルチャー教室を紹介してもらって講座をスタートしたり、

初めてカラーセラピーをして貰った よりこさんや、その知り合いの方たちとも交流が増えて、色んなイベントを一緒にするようになったり。


器心家さんでも 色んな事にチャレンジさせて貰ったし…

そうしながら、本当に少しずつ 少しずつ、暗中模索ですが、前に進んでいきました。





○○○


「スピリチュアル」 って…手っ取り早いから、この単語を使いましたけどー
人によってイメージする事って、色々でしょうね。

パワーストーン、カミサマ、エネルギー、守護霊、超能力???

世の中、色んな"スピリチュアル"があるけど…

もちろん、世の中のスピリチュアルなもの全部を信じてる って訳ではありません。
でも、これは正しくて、これは違う
って 言うつもりもありません。(笑)
人それぞれ、信じるものって違うから…。



じゃあ、スピリチュアルとは何か?
って言われると、説明が難しいけど…

でも、私にとっては「自然」とか「宇宙」とか そんな感じかな〜

科学では証明されてないけど、なんか そうなってる っていう法則のような物。
目に見えないもの。
感覚的な事。
人知を超えた力。

言葉で言うとしたら、そんな感じ??



単純に、"真実を知りたい"という好奇心も強かったし、
それから とにかくまず、自分が元気になる為に必要だったんですよね、スピリチュアルな事が。

私の中にあったモヤモヤは、
病院に行って薬を貰ったら治る、っていうのではなかったし、

心と体が繋がっている
って事は感じていた…知っていたので、
元気に暮らす為にも スピリチュアルな(精神的な)事に 向き合う必要があったんです。


だから、
カラーセラピーを習ったのも、
そもそもは自分を知る為。
自分が元気になりたかったから。

そして、自分の家族、友人…そして知り合う人たちにも
いつかそれを伝えられたらいいな
という思いからでした。

これまでの歩み(1)私とカラーセラピーの出会い

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 11:10
お盆で実家に帰省しています^ ^

夫と、互いの実家へ行き来もしたけど、ほぼ それぞれの実家で のんびり。


こんな風に ゆっくり滞在できたのは
引っ越し以来 初めてかもしれません。





ゆっくりできたお陰で
なんとなく不安定だった 気分も、かなり回復しました。


庭の緑や アトム(猫)、家族、友達に癒されました〜



それから、帰省前に 体調回復の為に、ふたつのセッションを受けたお陰でもあります。

そのうちの1つは、別のブログに詳しく書いたのでご興味のある方は読んでみてください。

http://marugame.ashita-sanuki.jp/e1093159.html

https://ameblo.jp/natulife5/entry-12396521770.html

アロマを利用した診断で、
今の私に適したもの(香りのほか、食べ物や運動法など様々なこと)を知ることができて、希望が持てた事も大きかったです。

(もう一つの体験は、また後日に書きたいと思います)





1個前のブログでも 色々書きましたが…
私、やっぱり 健康オタクやな〜と実感^^;

心や体の繋がり という事に、昔から興味があるんですね。

実家に残っている本や、色んな残骸(笑)を見て、改めて そうだな〜と。。


その大元は、祖父母や母の影響もあると思います。

祖父は糖尿病や肝炎などの持病を持っていたし、田舎の農家出身だったので、
薬草茶、民間療法、自然食etc..
色んな事をやっていました。

庭の椿の木の枝で、ツボ押しの棒を作った事もありましたね。(祖父が。)



それに、私は子どもの頃 体が弱かったので、母が色んな 滋養強壮になる物を私に与えていたな〜

(笑)こういう素地があるんですね^ ^
(小学生の頃に既に、ツボ押しとかに興味があった私。)






そんな私が最初に 本格的に学んだのは、カラーセラピーでした。
単純に 健康というより、ちょっとスピリチュアルな感じですけど…
まぁ繋がってますよね。


私は、「スピリチュアル」と言っても、いわゆる霊感があるとかじゃないし、そういうのは興味がなかったです。
なんなら、占いも信用しないような
現実主義者 でした。


でも一方で、目に見える事だけが全てじゃない
と思っていたし、自然療法や 目に見えない物を感じる事には興味がありました。



カラーセラピーの存在を知ったのは、大学生の頃。
大学でデザインを学ぶ中で、特に色に興味があった私。
色彩心理に関して 色々調べてる時に 偶然知ったのだったと思います。



最初に カラーセラピーのボトルを見たのは、その頃、確か名古屋駅で(*^^*)
一瞬見ただけですが、ボトルの美しさに圧倒されました。


そして、それを叔母の知り合いが習った、やって貰えると聞いて 体験したのが初体験でした。大学生くらい…今から20年くらい前の話です^^;

その人が、よくイベントなどをご一緒していた パラスアテナの よりこさんなんですが…。


その頃の私はとても傷ついて心が閉じていた頃でー
その心情が、ボトルにしっかり現れていました。

「私の事を知らないハズなのに、どうしてこんなに私の事が分かるんだろう」
と驚いた事を覚えています。




でも、リアリスト…というか慎重派だった私は、ちょっとスピリチュアルな要素が強い オーラソーマ(カラーセラピー)を
すぐに習いたい!とは思わなくて、
気になりつつ数年が経過…。
その間、本を買ったりはしてましたが。




数年後。
社会人となり京都で働いていたのですが、体調を壊して実家にUターンする事になった際、
京都にいるうちに、カラーセラピーを習って帰りたい!
と思ってスクールを探し、体験→受講。


それは、オーラソーマとは違う種類のカラーセラピーで、
内容も、少しスピリチュアル色が薄い雰囲気でしたし、
受講料や その後の維持費も、オーラソーマより格段に安くて。

でもちゃんと深いカウンセリングもできる と聞いて、受講を決めたのでした。



この時点では、「習って帰っておいて、いつか これも仕事とかにできたらいいな〜」くらいの気持ち。

京都でできた友達に、初めてカウンセリングをして
(なんとその彼女は今、大阪でタロットカウンセラーになっているんですが!!驚!)
楽しいな と思いましたが。







実家に帰省してからは、
知り合いを通じて、開店したばかりのお店(お好み焼き屋さん)をしばらく手伝って欲しい と言われてて。
それプラス、親戚の紹介で、中学生の家庭教師をしたりしてました。

あとは、私は京都でラッピングコーディネーターとして働いてたので
香川でも できたらいいな〜と思ってましたが、正直、そこまで明確なビジョンや計画はありませんでした。
傷心というか、疲れてたな〜(笑)




そんなある時、高校の同級生が
ちょっとしたイベントをするから、そこで ちょっとカラーセラピーをやってくれないか?と声をかかてくれました。

多分、帰省後、友達とか何人かにはやった事があったけど、
お金を頂いた事はなかったのでドキドキでしたが、ワンコインくらいだったかな〜?初めて有料でカウンセリングをしました。

その時、すごく喜んで貰えて…
私自身がカラーセラピーを初めて受けた時と同じ、
どうして私の事が分かるのか不思議
と言われました。

深い所で繋がれたような不思議な気持ちで、私自身も すごく嬉しかった^ ^


それから、
カラーセラピーももっとやりたいな
と思うようになりました。


ちょうど、オープンしたばかりのカフェをやっている友人(&ご両親 =器心家さん)が居たので、
イベントという形で 日時を決めてさせて頂くことに。


カフェで、すごく宣伝をしてお客様に紹介して下さったので、
けっこう沢山のご予約を頂きました。
まだカラーセラピーが広まってなかったので、何か分からずに体験される方も多くいらっしゃいました^ ^

この頃 知り合った方で、今でもご連絡を下さる方や、
その後 資格講座を受けに来てくださった方など、御縁が続いている方もいて…
私は本当に 恵まれているなと思います。


そんな風に、
アルバイトをしながら、1〜2ヶ月に1度 イベントという形でカラーセラピーをする
というのが、1年ちょっと続いたかなー?

実家でしたし、アルバイトで お金には困らないけど
なんとなく先の見えないモヤモヤした感じでしたね〜


(長くなってきたので、続きはまた〜)


向き合う日々2

  • 2018.08.03 Friday
  • 18:32
わ〜 あっという間に、8月突入です…!
ほんと早いなぁ、、!!

また暑さが戻って来ましたね。




さて、先日のブログの続き です。


ここ1ヶ月、病院で検査を受けまくったり、結果にビビったり(笑)
苦しい日々を過ごしてましたがー

そんな中で、いくつか気づいた事があるので シェアしたいと思います。




これは、倉敷に引っ越してから 強く感じるようになった事ですが…

人の温かさ、優しさ を より感じるようになりました。

今までも、感じて、感謝してましたけどね…

でも、倉敷に来てから、それがとても 沁みるようになりましたよ〜



人って、笑顔ひとつ・挨拶ひとつで、
人を幸せにできるんだな〜 って、
ほんと実感しています。



私、自分が思ってたより 気持ちが凹んでたんでしょうね。

お店の人が 話しかけてくれたり、
病院の先生や看護婦さんの優しさとか、天然の元気さに、すごく救われました。


今は、人に甘えよう

そう思って…

友人知人にも、お願い事をしたり…。

今までだって、その人達が優しい事は知っていたんだけどね。
私は人を頼ったり 迷惑かける事が
すごく苦手だったんだな〜と、
気がつきました。


なるべく、迷惑かけたくない!

そこを思い切って、
ごめんなさい!でもお願いします!
って 飛び込んだら

「もちろんok! 大丈夫。 チカラになるよ」

と温かい返事を頂けてー!



伝わるかな〜

同じお願いするのでも、
おっかなびっくり「申し訳ないんですが、○○できませんか〜?すいません〜」
と頼んで、「大丈夫ですよ」と言って貰って、
「すいません…!」
っていうのより、

心をオープンにして
「お願いしますっ!」って言った方が、自分自身がとても気持ちが良くて。


そうしたら、ok!の返事も すごく心に響くし…
きっと例えば Noの返事でも、
そっかー残念!でもありがとう!

って、思うんじゃないかな〜
変にウジウジせずに。



迷惑なんじゃないか…とか
手間をかけさてしまう…とか

相手の顔色というか心中を、すごく気にしていた事に気付きました。

(正確には、気づいてはいたけど、
思ってた以上に、人に迷惑かけないように!って自分に禁止してたな〜 と。)


信頼して心を開く。伝える。頼る。

という事が、ひとつ自分の課題だったのかな と思います。





○○○

それから、少し話が変わりますがー


先日、実家に少し帰ったんですが
その少し前に祖母が何かの感染症で熱が高く出て…
私が帰った時は 熱は引いてて 治ってきた状態でした。

でもね、なんか 2日間ぐらい熱に浮かされてたから、足腰が弱った感覚があったらしくて
「歩けんようになったら困る!」って…
気がすごす高ぶってたんですよね。

会話もハイテンションで、夜も、あまり寝ずにマッサージの機械を使ったり、、。

まだ病み上がりだし、寝不足は良くないと思うけど、何度言っても 寝ないんです…。
(明け方6時前に トイレの前で鉢合わせしたんですが、ずっと起きてた!とハイテンション。。)



それで、
「じゃあ私が足をマッサージするから、横になって!」と。

アロマオイルは持って帰ってないし、
そもそも正式にマッサージを習った訳ではないけど、
触れる事でリラックスして、眠れないかな〜と思って、、。


でも最初の10分くらいは、テンション変わらず
直ぐに話しかけて来ました。
(内容は、他愛もない話だったり、同じ内容だったり…
別に おかしな事じゃないんだけど、
明らかに 躁状態。)



気持ちは分かりました。
不安なんですよね、歩けなくなったら…とか
弱っていく自分が。

分かるというか…高齢の方のこういう不安は、すごく大きいと思います。


「おばあちゃん、心配なんやんな。」
って言ったら、少しだけ間をおいて、「うん。」と言いました。

でも、病気は回復したし、
足腰の状態も、私たちから見たら、病気前に近いぐらい回復してたし。


だから、 急にやりすぎると 良くない事。
睡眠と食事が1番大切な事。

それと、(嘘も方便で)
「私はマッサージうまいから。
これしたら 血行が良くなるし、少しずつ良くなるよ!」と何度も言いながらマッサージ。


すると、少しずつ口数が減り、
2〜30分は 黙って目を瞑っていました。
途中で2回だけ、
「それは (私の)手は痛くないんか?」って聞きましたけど。

全然ちからを入れてない(撫でてるぐらい)なので、痛くないし、疲れません。
(夫の背中のマッサージの方が よほど大変です。笑)


手を止めるとすぐ、
終わった?と聞かれたので眠っては無かったようですがー

でも、足が楽になった、と言っていました。

この時は、実際の機能の回復よりも、
そんな"気"がしただけでもいいかな、と思ってます。

とにかく、"気"を落ち着かせてあげたかった。。



祖母は、翌日には通常のテンションに戻り 夜や昼間も眠るようになったそうで安心しましたがー
そんな事がありました。



自分自身が、つい最近
体調の事で とても不安だったので…
そういう時に、気持ちを落ち着けたり楽にする事…そのために 体の状態を整える事の重要性を、すごく感じてて。


これができたら、
どんな状態でも、不安に押しつぶされずに 適切な判断ができるし…

誰か他の人にも
それを伝えてあげられたらいいな と、強く思いました。


色んな方法があると思うけど…
私はハーブやアロマが合ってるかな〜と、思っています。

今回はマッサージオイルは持って無かったけど…
枕元には ラベンダーのポプリを置いてあげたりー

自分が不安で苦しかった時も、香りに助けを求めました。


アロマは、
心理面、それからもっと奥のスピリチュアルな面、
そして反対に化学的、肉体的な面にも働きかける事ができるので、 色んな面から サポートできるじゃないかな〜と思っています。

もっともっと、アロマを深めたいな!
と…

前からメディカルアロマに興味を持っていたんですが、今回改めてスイッチが入った感じです。




倉敷での生活で…
今回、病院にも行きましたが(病院の方が適してる事もありますが)

ちょっと喉がイガイガするな とか
お腹の調子が悪い とか
気分が塞ぐ
体のある部分が重い

など…小さな不調が現れた時

私がまず頼るのは、
ドラッグストアの薬ではなく
やっぱり、ハーブや 精油、それから食べ物 なんですよね…!


で、それらには もっともっと可能性がある!と思っています。
だから、学びたいな!!

そして、いつかそれを 自分の大切な人たちにも アドバイスできるようになったらいいなぁ と、思っています。

向き合う日々。

  • 2018.07.26 Thursday
  • 17:35
台風も ぶじ通過して、
倉敷は台風一過、少し風が強いけど気持ちが良いです。





先日、結婚式から1周年を迎えました!
入籍は3月だし
一緒に住み始めたのは転勤後なのでバラバラなんですがー

あれからもう1年か〜〜

色んな事がありすぎて…
あっという間のような、ずっと昔のような…
不思議な気持ちです。



8月末に引っ越して、
年内は なんやかんや、慣れるのに必死

年明けてから3月までは、新婚旅行の準備に一生懸命でしたね〜

4月5月は、イベントがあったり
講座、制作(ラベルデザイン)の仕事を頂いて 忙しくしてました。

で、6月は 実はちょっと 体調的に しんどかった…!


それも関係して、一大決心をして、病院へ行きました。


私は病院、ほんと苦手で…
自然療法の方が好きとか 色々あるけど
でも要するに、怖いのです (???)

痛いのも嫌だし、
結果も怖いし、
治療で、何か異物(薬とか、自然じゃないもの。)か体内に入る って事も なんか苦手で…


健康診断とかも受けてなかったんですよね。
あと、他にも気になる所が何箇所かあったのに、放置してて。



それでね。
今年40歳だから 健診で受けられる項目も増えたことだし(涙)
妊娠希望な事を考えると、体の事、向き合わなければー と思ってね…


ずっとずっと…
体調には気をつけてる一方で、
でも向き合う事を避けてきたこと。

向き合う時が 来てしまった…




もう本当に、怖くて怖くて仕方なかったけど、簡単な 人間ドック、それから婦人科系の検査と、意を決して申し込んだのでした。





スタートは6月末ぐらいだったんですが…
それからというもの、週1〜3回 病院へ通う日々f^_^;

病院は、気候が良ければ自転車でも行ける距離。でもこの暑さでは微妙…。
バスも出てるので、使い分けましたがー

まぁでも、行き帰りの苦労と言うより、
検査や 結果を聞く 精神的なストレスの方が大きくてー
(ビビリなのでね〜f^_^;)

通院開始時は、体調はそう悪くなかったのに、
通院のストレスで どんどん悪くなった(^^;;




ドキドキさせるの嫌なので
先に結論を言うと、
(くまなく調べた訳じゃないけど。)
大きなヤバイもの(笑)は無くて 一安心!

甲状腺の機能が少し低い事と、
血糖値が高い(これはちょっと 困るんだけど…)のと、
悪玉コレステロールが高い

という事でした。

食事には気をつけてる(食べ方も。)んだけど…
うちは、祖父が糖尿病で、父も境界型。
私は、インシュリンの出るのが遅いのだそうで、なかなか下がらないようです。。
今後ますます気をつけてなくちゃ、、。


この血糖検査も、絶食後、甘いジュースを飲んで、30分毎に計4回採血、という地味な痛さだったし。。



この他にも、
結局大丈夫だったんだけど、数値の悪い物があったりして
エコーに 脳のMRIに と、ドキドキしっぱなし、、。
詳しい検査に進んで行くのが本当に怖かった…。




あと婦人科系の とある検査は、想像を絶する痛さでー
検査後 (たぶん あまりの痛さで)気分が悪くなって 戻してしまい、車椅子で運んで貰って休む という失態…

少々、痛くてもシンドくても、
私、なんとか「でも大丈夫です」とか言っちゃう方なんだけど…もう完全、グロッキーになってた。。

(看護婦さんが本当に天使に見えました〜)




本当にね、もう、毎週毎週 辛くて…
その上、間に あの災害でしょ。。

気分が かなり滅入ってたんだけど…

だから、
その後 暑くなったのは困ったけど 太陽の光を浴びられたのが、ちょっと救われる気がしました。

太陽の光が足りないと、ますます気分が鬱々しちゃうんよねー。




今回、痛そうな話題で申し訳ないけど…

そんな1ヶ月を過ごしてました(^^;;






私の弱点、というか…
とても苦手な部分と 向き合う1ヶ月でした。

それは、単に病院が苦手という意味だけじゃなくて、
病気…そして 死 に対する恐怖心。。

これは、今に始まった事ではなくて…
まぁ原因というかトラウマ的な事が過去にあったんだけどー
(その辺の事も また機会があれば書こうかなと思いますが。)

とにかく、そういう 自分の中に持ち続けて来た 恐怖心(トラウマ、心理的ブロック…色々呼び名はありますが。)と
向き合っていました。




今日は急に とてもスピリチュアルな内容になるけどー
今、そういう、自分の中の重たい物に向き合ったり、変化の時を迎えている方、多いのではないでしょうか。

人って、無意識下で繋がっているし…
今、地球全体が そういう変化の時を迎えているようなので
そうじゃないかな〜と思います。







なかなか、「こうしたらいいよ!楽になるよ!」
って簡単には言えないけれどー


私が心がけた事は
「あ〜 私、また あの恐怖心が出て来てるな〜」とか、
「あ、また 悪い方へ考えてた!」とか。
「今また無意識に 考えてたわ」

と、無意識にグルグル頭をめぐる思考に
気づく。客観的に見る。

という事…!!

専用のワークも教えてもらったんだけど…。


「考えまい」としても なかなか難しいですが、
"考えてしまってる事に気づく"
↑観察意識 と言うそうです。


そうやって、離れた視点から見るようにする。少しでも長い時間。





それともう一つは、体を緩める、リラックスさせること。

心と体は繋がってるので、精神的に辛い時って、たいてい体も強張ってます。
これも、マメに気づいて 緩める。

深呼吸してみたり、
肩を上げ下げしたり、首を回してみたり。
軽くマッサージできるならマッサージしたりね。



パッと切り替えられる人ならいいけど
(もう考えすぎるの やめよ! って。)
私みたいなタイプ(とか 内容がヘビーだったりね。)

まさに、"取り憑かれた"ようになる人は、
何度も何度も…マメに
とにかく 体を緩めたり、
気づく、ことが有効かな〜と思います。




それから…
誰かに相談する
というのも、いいと思います。

もちろん、その方が解決してくれる訳ではないけど…

気分転換になったり、
何か突破口が見つかったり、大きなヒントを貰えたり。。



私も、つい先日 そういう体験をしました。

やはり 気軽に相談できる人がいなかったり
(親は心配をかけるし…
友達は、会えば話すかも知れないけど
わざわざ電話して話すのも躊躇われるしー)
気分転換が少ない事もあって、
気づかないうちに 思いつめてたようで。

張り詰めてた物が一気に緩んで、涙が出ました。
それから 気持ちがだいぶ楽に…!

その話も また別の機会にできればと思いますが


とにかく そんな感じです(^^;;



今日は 近況報告と…
もし 同じように、ここ最近 何か苦しい気持ちでいる方がいたら
小さなヒントになればいいなと思ってー。


変化の時って苦しいけど…
そこを抜ければきっと 今までより楽に生きられるようになるはず…!
そう私は思っています!!

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM