精神的な混乱とアロマ(1)

  • 2008.05.31 Saturday
  • 23:49
香川は梅雨入りしたようですね雨
今日は午後からは お天気回復していきました晴れ


さて、引き続き アロマについてです。


私自身も助けられたアロマの香りですが、
病気と闘っている本人にも、何かの役に立たないかなぁ と考えました。




*その前に、大前提として。
 (良い機会なので 精油について書きたいと思います)

精油は 海外では病気の治療に(ちゃんと資格を持った人によって)処方されている場合もありますが、
日本ではまだ雑貨扱いです。
基本的にはお薬のように病気を「治す」とは考えないほうが良いです。


それともうひとつ、
精油は植物から採ったナチュラルなものですが、
そうはいっても 様々な成分を含んでいるので、
得に病気の時は 体の機能も落ちているので、使用には くれぐれもご注意ください。
精油の特徴をよく知ってから、
お医者さま等に相談して使用するのがベストです。




それを ふまえて。

日常的なケアや予防の意味では、体のそれぞれの部分に作用すると言われる精油があるのですが、
今回のように病気の場合は、別のアプローチをしました。

精神的な部分です。
病気の時って、とても心細くなりますよね。
入院や手術など、大きな病気になると なおさらです。


祖父も一時、精神的に かなり混乱しました。
お医者様から、「高齢の方には よくあることです。一時的なことだと思います」
と説明を受けましたが、私たちもかなり動揺しました。
(急激な状況の変化に対応できずに おこるそうです。
 自分が何故病院にいるのか分からなくなったり、意識や記憶が混乱してしまいます。)

お医者様のおっしゃることなので、きっと本当に一時的なものなのだろう
と思う反面、ずっとこのままだったらどうしよう?という思いも生まれました。



実は今回のことは、ブログに書くのをどうしようか、かなり迷いました。
でも、もし、同じような体験をされている方(は、HPなど見る余裕はないかも知れませんが。知人などから そういう話を聞いた方など)に伝えられたら と思ったのです。


今回、とてもショックで つらくて、不安になりました。
「よくある」と言われても、私たちにとっては初めて、急なことだったし、
どうしたらいいのか分からなかったし・・



もちろん、様々なケースがあるとは思います。
でも、先日の日記に書いたように、
私に出来ることは、落ち着いて、治ると信じること。
悲観的にならずに、心穏やかでいること。
穏やかな気持ちで接すること だと思いました。

横にいる私たちが不安に思っていたら、
それは本人にも伝わってしまうと思うのです。
例え意識は混濁していても、気持ちって、やっぱり伝わるはず。
だから私は ただひたすらに、「大丈夫 大丈夫」という思いを伝えようと思いました。


なんか、うまく表現できませんが・・
きっと祖父の今回の状態の原因の一つは、「不安」なんだろう、と思ったのです。
だから、「安心」させてあげることが必要だと思いました。




あぁ、アロマの内容まで辿り着けなかった・・;

また続きを書きたいのですが、先に一言だけ。

祖父は お陰様で 心身ともに落ち着いています。
本当に、一時的なものだったのです。
手術後、数日間だけ精神的に混乱していました。

よくなって、本当に良かった。感謝しています。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM