これまでの歩み(3)私の根っこにあるもの。

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 16:20
私のこれまでの歩みについて、書いてます^ ^
ちょっと重たい内容もありますが…
(なるべくサラッと書くつもりですが。)

どうして私が内面的な事、スピリチュアルな事に興味を持つようになったのか。少し時間を遡って、大きなキッカケになった事を、書きたいと思います。

興味のある方は ご覧ください・・^ ^





前の記事に書きましたが…
私がカラーセラピーを習ったのは、
京都で働いていた時に、実家にUターンするのが決まった事がキッカケでした。(この頃も、心身共に疲れてました)



子どもの頃から、
「人生とは…」みたいな(笑) スピリチュアルというか、内面的な事って興味があったんですが…

人生とか、命とか…
そういう事を考えるキッカケになった決定的な出来事がありました。

それは、高校3年生の時に 同級生が亡くなった事です。

小学校からの同級生で…実は、ずっと好きだった男の子でした。

小学校の頃は仲が良かったんだけど、中学に入って、
周りに冷やかされたり、(彼はとてもモテるようになったので)ファンの女子に私が呼び出しを受けたり…
(わ〜〜中学生!って感じですよね。笑)
色んな事があって、気まずくて話せなくなって。。

今思えば とても甘酸っぱいというか…
気にしないで話せば良かったのに!と思うけど、中学生ですからね、そうなりますよね。

そんなこんなで、気まずいまま卒業して、高校は別々。

でもずっと好きだったので、連絡を取ろう!と思っていた矢先、友人から電話が。
彼が亡くなったという知らせでした…。

その時の気持ちは複雑すぎて、一言では言えませんが…
1年近くは毎日のように泣いていたように思います。

高校3年の夏休みだったので、
「勉強を頑張る!大学生活を有意義なものにする!」
という目標に向かう事で、なんとか自分を保っていたような気もします。



そうしながら、色んな事 考えました。
どうして??とか
天国って本当にあるのか、とか運命って決まってるのか、とか他にも色々…
答えは出ない事ばかりだったけどー。


自分は彼のぶんも しっかり生きなきゃ!
とも思ったし…でも、
彼の居ない世界には なんの希望もないようにも思いました。

高校に入ってからは会ってさえいなかったけど、私にとって大きな存在で、すごく気持ち的に依存してたんですよね〜




でもね、 それから、私は大学に入って
授業も部活も とても楽しかったし、
やがて仲の良い男の子もできて、付き合う事になりました。

ハッピーだったけど、いつも心の何処かに不安があって…
ちょっと連絡が取れないと死んじゃったんじゃないか って怖くなったりー
とにかく色々心配で。。


その彼はね…すごく優しい良い人だったけど、時間にルーズで 寝坊の多い人でね(笑)
頭では分かってるんだけど、
「また寝てるんかな〜 でも!もしかしてバイク事故とかー」 …要はフラッシュバックみたいになって、耐えられなくてー

「心配しすぎ!大丈夫。」と明るく言ったり、逆ギレするぐらいの人なら、逆に良かったのかも知れないけど…
優しい人だから、私を苦しめる事が辛そうだったな。。←まぁ、そもそもは寝坊しなきゃいいんだけど。


今思うと申し訳なかったな〜と思います。。
まぁ、彼の遅刻グセは、普通にけっこう酷かったけどね(^-^;(笑)




卒業後の進路を決め始めた頃…
別れるキッカケは私が作ってしまったんだけどー
(↑遅刻をはじめ、他にも色々不安が積もり積もって、私が 耐えられなくなってしまって…)

でも、自分から距離をとったくせに、それが苦しくてー



今思うと、
いつか失うのが怖くて、怖すぎて…
先に こちらから断ち切ったのだと思います。

(そうしたかった訳じゃないけど、仕方なかったんですよね。
私自身が もう苦しくて…そういう行動をとってしまった。。)






少し前に、私の結婚の事、書きましたけど…
"大切な人ができたら、その人を失うのが怖い"
っていう、おっきな恐怖が
私の1番強いブレーキだったんです。

この時の別れも、(自分が引き起こしといて ナンですが) けっこう尾をひいてしまいましたし…。


(あ、でも一応、
大学卒業後も 少しですが
普通にお付き合いしたり 恋愛?したりしてます。
怯えながら ですけどね(笑)


別れたり、何かあるたびに
トラウマを上塗りしてた感じかもしれないけどね…(^-^; )






という事で、かなり 端折ってるけど
私が色んな事を考えるようになった 大きなキッカケは 大切な人との別れ でした。





同級生の事は、

「この出来事がキッカケで
より自分と向き合うようになったし、
スピリチュアルな事に興味を持つようになった。
色んな事を私に教えてくれた。」

そう言ってしまうと、
彼が亡くなった事を肯定してしまう気がして…

ずっとどこかで抵抗してる自分が居て。

ずっと、そう言えなかったけどー


でも。
やっぱり、そうなんだと思う…

ずっと、色や形を変えながら…私の中にあった色んな気持ち。問いかけ。

彼が人生かけて教えてくれた事。



ゲンキンかも知れないけど…
今、結婚して
夫と過ごす日常を こんな風に大切に思えるのは、
やっぱり この体験のおかげなんだと思う。

この日常は、私にとって 決して当たり前じゃない…!
私はそれを痛いほど知ってるから。。
こんな風に、平凡を大切にできるのは、やっぱり 過去の経験があったから なんだと思う。



まぁ、たまにまだ 不安(夫が居なくなったら…何かあったら…)が出る事もあるけど、
随分と…いや かなり、マシになりました。


それは時間という薬と…
過去のいくつものターニングポイントで、
色んな方のセラピーとかを受けたりしたお陰もあると思うし。
それから、夫の なんとなく安定した存在感のお陰も大きいかもしれませんね(笑)







という事で…
楽しかったり 幸せだった瞬間も多々あるけど、
色んな事を考えたり…

大袈裟に言うと、自分が生きる意味を探してた。
そんな 2〜30代でしたね〜


(いつも…こんな自分じゃダメ!って思ってたけどー
今は、必死で生きてきた自分に
よく頑張ったね! って言いたいです。)










その暗中模索…生きる意味を探してた中で、

沢山の方と出会ったし、

心と体の事、スピリチュアルな事を知りました。


自分自身の為にも知りたかったし、
それが自分の大切な人の為にもなると良いな〜

同じように、自分探しをしていたり、心と体の繋がりが弱かったり、なんかモヤモヤしてる人の役に立てたらいいな と思っていました。


物作りやアロマも、
毎日を少しでも快適でハッピーにする為に 自分が見つけた小さな工夫だったんですよね〜


おっきな夢や目標って、私は無かったから。
日々の小さな楽しみ、心地よさを見つけよう!と思って。
そしてそれを発信してみよう!と。


アメブロで書いてる事も、
「丸亀さんぽ→倉敷さんぽ」で書いてることも、その延長^ ^

だからね、私のやってきた活動って、
内容・分野はバラバラだけど
そういう意味で 私の中では繋がってるんです!






--------


かなり個人的、内面的な事なので、
書くの迷ったんだけど…
これから進んで行くための宣言!みたいな感じで、書いておきたいな〜 と思って。


ここまで読んでくださった方、ありがとうございました^ ^
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM