ほんとのリーダーシップとか、あれこれ。

  • 2018.07.14 Saturday
  • 10:00
テレビでもやってますが、倉敷市の様子です。

今日から県外の方もボランティアに来て下さってるようです。


★倉敷市役所のHPなどから 情報が分かります。
ボランティアは、募集!ってなったり…渋滞で中止!ってなったりー
随時、状況が変更されるので、マメなチェックを!




私は体力仕事は自信がないので、こちら(現地の家の片付けの手伝い)は見送りましたが…
今後、避難所のお手伝いなどできる事があれば参加したいと考えています。

長期戦になると思うので、焦らず、状況を確認したいと思います。



「社会福祉協議会」という所が ボランティアの情報を出したり、募集したり、しているようです。

倉敷市など 被災地の社会福祉協議会を調べてもいいし、
お住まいになってる都市の 社会福祉協議会を通して活動する という方法もあると思います。




いつも起こる問題のようですが…
物資が沢山届きすぎて、道路を塞いでしまったり、不要な物資が届いたり…
ボランティアも、まずは倉敷市民から受け入れ開始したんだけど、
交通渋滞で入れず、募集を一旦中止したりー

色々と、難しいようですね。




いち早い行動の必要性と、こういった問題の回避と…
見極めが大切だな と思いました。






居ても立っても居られない気持ちも分かります。
市町村の対応の遅れや不手際の報道もよく見かけます。

でも、多くの人が衝動で勝手に動いたら、混乱を増やすだけから
やはり 慎重に動く必要があるのでは?
と思いました。






そんな時…
倉敷市のお隣、総社市の市長さんの事を書いてある 記事を見つけて。

今回の災害時の行動(ツイッターで、細かく情報を拡散したり、行動が迅速だったこと)が すごく賞賛されてるそうなんですよね。

そこから、過去の対談の記事なども見つけて、感動してしまって!!

よかったら、読んでみて下さい!

☆災害時のリーダーの役割
https://www.sankei.com/smp/column/news/160728/clm1607280007-s1.html

☆障がい者が自立すれば、みんなが元気になれる
https://toyokeizai.net/articles/-/34321



なんてオトコマエなんだろう!!!

本当のリーダーシップ って、こういう物だな って、思ったんです!



最初の記事の中の片岡市町の言葉に、

「確かに行政は『公平性』を大切にする。しかし、それは平時の時であり震災時にはそんなことを言っていたら助かる命も助からない。責任は私がとる。現場でやれることは全てやってください」

と言うのがあって。

こんな風に、"責任"を扱えるって素敵だ…!




前の記事にも少し書いたけど
私は子供の頃、学級委員、生徒会、部長…と、リーダーになる事が多かった。
(中学までです。
高校からは、なるべく目立たず生きてましたが(^^;)

それを引き合いに出すのは申し訳ないけど…(笑)
でもね、色んな意見をまとめたり、仲介する事の難しさって、すごく感じてて。
"なるべく公平に" みたいな思い、私は強かったし。

こっちを立てたら あっちが立たない というか…損な役だな、なんて 子供心に思ったりもしてました。



それに…これは大人になってからの方が感じますが、
何かを決断し、責任をとる
って、難しい…!
というか、怖いこと だな〜って。

だから、白黒つけずにグレーのままにしたい
って事、多々あります。

クレームとか、反対意見の人からの声、怖いですよね。

そう、人からの反対意見や批判って、すごく怖い。

昔から わりと目立つ事が多かった私は、早い段階で
だから目立たないように…
なるべく角が立たないように…
って、鎧を着るようになっていました。






話を 市長さんの話に戻すと、

批判を受けるかも っていう怖れに負けず、
多分核にある「少しでも多くの人を守る」っていう軸に従って決断されてるんでしょうね。

2個目の記事の 障がい者支援の話もそうです。
リスクとか 保身とか…そういう事を考えてると、改革って出来ない。




何も、リスキーな事に果敢にチャレンジするのが良い
って訳じゃないけど…

自分の中に確固たる信念がある時、
そこからブレずに行動する事の大切さ

本当のリーダーシップ

なんか、色んな事を感じて、
目から鱗…涙… でした!





災害時って特に、リーダーが めちゃくちゃ大切だな!
(個別で動くと収拾がつかない)

とか…

こういう(総社市の 障がい者支援)、皆がハッピーになるような改革に、自分も 力を貸したいな〜

とか…

色んな事を感じました。




バランスよく平凡に過ごしたい自分と…
でも、これ!と思った事に情熱を注ぎたい自分と…
自分の中に 両方いるんだな〜 って気がつきました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM