その後

  • 2018.07.14 Saturday
  • 08:46
大雨から一転、毎日 うだるような暑さですね(^^;


さて、うちの周辺は
スーパーの商品が少ない事と、よくヘリコプターが飛んでる以外は
すっかり平常モードです。

この1週間は、元から予定を入れてたり、災害の直後だった事もありで
私自身、なんとなく落ち着かない日々だったんですが、
今日、やっと少し ほっとしています。

残念ながら夫は休日出勤なのですが、
まぁ ゆっくりできる時間を貰った と思っておきましょう。





今回の豪雨で、色んなこと、思いました。

まずは現実的な事として…
避難のタイミングが すごく難しかった事!

うちの地区は、大きな被害の出た真備町からは10キロほど離れています。
でも、決壊した小田川の本流にあたる 高梁川(1級河川)からは約3キロ。

氾濫危険水位に達していたし、避難勧告も出ていました。



朝起きると、裏の道はすっかり冠水。
田んぼと 繋がってました。。

アパートの入り口、駐車場の方は
少し水が溜まってるけど冠水はしてない様子。

避難すべき??
でも、まず どこに避難すれば良いのか分からないし…
周辺道路は大丈夫なのか?
車で出て動かなくなっても怖いし…

アパートの2階だし、下手に動かない方が安全かな〜


っていうか、周辺住民は??と 様子を探るも…
うちの周辺って、家はあるわりに
普段から気配が少ないんですよね…(^^;なんでかな。

あちこちの窓から 様子を見て、
人の気配を見つけて安心してみたり…。




そうしながら、一応、避難の準備もしました。

イザ、貴重品と思っても、何を持って出ればいいんだろうと迷いましたが…
貴重品、下着の変え、非常食になりそうな菓子、水、歯ブラシ をリュックに詰め込んで、待機。

ネットで水位を見たり、
道路の様子をチェックしたり。


雨自体は弱まっていたので、
決壊しなければ水は引いていくだろう。
でも、決壊しない保証はないし、
決壊したら ここまで来るかもしれない。高梁川はかなり大きな川だったから。


そんな感じで過ごしていました。

その後
幸い、高梁川は決壊せず水位も減っていき、道路も徐々に水が引いていきました。



でもね、これは決壊しなかったから良かったものの、安全を期すなら
避難しておいたら良かったかな、とも思いましたね〜





それで先日
1番近い小学校の位置を確認。
こんな所にあったんだ…!!わりと近いです。


それから…避難グッズも今、準備中です。
先日の地震の時に、少しだけ準備してたんだけどー
でも、我が家は懐中電灯すらなかったのでね。。





どんな状態になるか分からないから、
絶対万全!って無いけれど…
避難グッズに関しては、またじっくり考えて準備しておきたい と思っています。


「備えあれば憂いなし」
って言葉どおり…
出来ることをやって、不安を減らしておく、というのは 有効なんじゃないかな と思います^ ^




○○○○○

それから
災害からの数日間で、何人もの方から安否確認のメールをいただきました。
真備町の様子が 本当に悲惨で…テレビで何度も放映されてたので、
御心配いただきました。

普段連絡を取らないような方からも
メールを頂いたりして、
皆さんに「ぶじで良かった」と言って頂いて…
とてもジーンとしました。

頭では、周りの方からの愛情って
分かってるつもりだったけど、
体に、染み込んでいくような気がしました。





そしてその時に、
自分の中に昔から 正体不明の孤独感 があった事も思い出しました。
心の、奥の奥の方の 話です。

「自分なんて居ても居なくても同じなんじゃないか」って…何故か思ってました。

友達も多かったし、クラスや部活のリーダーで、
人から頼られる事も多かったんですが、

逆に… 私が頼りにならなければ 人は離れて行ってしまうのでは?
皆と仲が良いけど、ほんとの私を分かってくれる人っているのかな…。


そんな風に、どこかで思ってました(子どもの頃)

メールを頂きながら、そんな事をふいに思い出してー

でも、
それは 何か自分が殻に閉じこもってた(?)だけだったんだろうな〜
と… それが溶けていくような感覚でした。




話を戻しますがー
もちろん、連絡をくれた方が良かった
って意味じゃなくて、
連絡せずとも 心配して下さってた方、たくさんいらっしゃると思います…!

私も、もし誰か知人の所で災害があったとしても
「連絡が沢山来たら大変かな」とか考えて、連絡しない事が多いです(^^;


でもね、
テレパシーと言うか…
そういのって なんとなく伝わってくるので、わかります。


ありがとうございます^ ^




テレパシーとかね、想い…
もっというと、"祈り"の力って あると思うんですよね…!!

目に見えないけど、ありますよね。

だから、
私自身も、真備町はじめ 被害が大きかった地域の方々に、祈っています!!
少しでも心の安らぎが訪れること、
健康、 復興が早く進むこと etc..!





何かお手伝いしたいのに できない!
とヤキモキしてる方がいらしたら、
まず、自分は平常心を取り戻して、祈ること
からで良いのでは?と思います。
それがまず1番に出来ること!


少しずつ、ボランティアや支援の受け入れ体制も 整ってきてるようなので、
その上で、もし 出来ること(やりたい事)があればやる、という姿勢でいたいな
と私自身、思っています。





ちょっと長くなったので、
続きは別記事に…!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM