【初のヨーロッパ旅行記 14】ヴェネチアからローマへ!

  • 2018.04.16 Monday
  • 19:50
3/15〜24の、ドイツ イタリアの旅行記を書いています(^.^)

長くなって来ましたが…
いよいよ、最終都市、ローマへ移動です!



その 移動が、不安なポイント 2つ目だったのですがードキドキ



○○○


ヴェネチアからローマへの移動は、電車(新幹線的な)です。

その前に、ヴェネチアのサンタルチア駅まで移動です。また水上バスのヴァポレット 〜(酔いたくない〜)


乗り場は前日確かめてたけど 時間が分からなかったので、朝一でフロントの人に確認しました。

サンタルチア駅まで行きたいんだけど、 この駅からでokですよね?
駅に 9時くらいに着きたいんだけど、 何分のヴァポレット がある?と…


大事な事は書くのが1番!と思い、
書いた物を見せながら聞くと、8時くいらにでたらオッケーだよ、と。

この時の男性は めちゃくちゃソフトな人でした。
全旅行で1、2を争う ソフトさでしたね(^.^)





朝食は、時間的に 食べないでパンを持って行かせてもらおう!と思って…
食堂の扉が開くのを待っていたら、
中から女性が出てきて。

今日、出発が早いのでパンを持って行っていいですか?

と訊ねると、パンの他にもヨーグルトとか…持って行っていいよ!と。

そして、紙袋と、ナフキンなどが入ったテイクアウトセットを渡してくれました(^.^)


わー!助かる!!(^.^)嬉しかったです。

たくさんお礼を言って、 ビニール袋に詰め込みました!

こういう時の為に、自分でも
ビニール袋と ジップロックは 大目に持っていきましたよ♪







そして…
チェックアウトは 今まで見たことない、ちょっと神経質そうな女性でした。

イタリア人=陽気 というイメージですが、当たり前だけど皆が陽気ではありません(笑)
なんとなく、陽気な人と、逆にすごく神経質そうな人がいるな〜という印象です。


飲み物は飲んだ?と聞かれて、no!と答えましたが、他にも何か言っててハテナ?と思ったら…

サービスかと思ってたポテトチップスが有料だったようで…

(この間にポーターさんを見に行かせたようですね)

あわてて、
ごめんなさい、無料なんだと思ってました!

と言って支払ったんだけど…
ちょっと怖く、No...! と言われちゃってー

まぁ悪気が無いのは分かってるでしょうけど…
微妙に凹んじゃう、気の小さな私たち(笑)

有料なら、値段とか書いて置いといてよ〜!
と思いましたが、
ま、仕方ない。




それから、滞在税 というのがあってー ミュンヘンのホテルはなかったけど、このホテルに来たときに言ってて、
2人で18ユーロでした。
(ローマのホテルはカードが使えたけど、
ここは、現金のみ、と言われました。)




○○○




なんだか ワタワタしちゃいましたがー
いざ、出発!

まずはサンマルコ広場へ向かいます。


早朝のサンマルコ広場


天気が良くて気持ちがいいです(^.^)

あ〜もっと早朝にも来て見たかったな〜



立ち止まると
怪しい人が近寄って来るのを、
(鳩の餌を売りつけようとしたり。)
No!! と、かわしつつ…



ヴァポレット 乗り場へ。





鉛筆で丸してる乗り場(S.Marco Vallaresso)から、
1番のヴァポレット で 駅へ向かいます。


チケットは時間制で、荷物1個まで無料。
スーツケース+上に鞄を乗せてて…
2つだからどうしよう と思ったけど、
皆 そんな感じ…
1個というのは、大きい スーツケースの個数なのかな。


後で何か言われても嫌だから、
自販機じゃなく
人の居る所で買おうかな、と思い…
(荷物も相手に見えるしね。)

駅まで2人
っていうと、チケット売ってくれました。

そして、もうすぐ出るよ!と。




おぉ!と急いだけど 遅くて…出ちゃいました。
でも、早めに出発していたし、少し待って次のに乗りました。

5分?10分?忘れたけど、わりと直ぐに来ましたよ(^.^)







前日は全部歩いて移動したし、
はじめての カナル グランデ(ベネチア本島の メイン運河)です♪



朝日に照らされた運河と町並みは 本当に綺麗で…
ベネチアは何度も訪れたくなる場所だというけど納得です…!







たぶん、サンタマリア サルーテ聖堂…かな〜?


ヴァポレット は、屋根のある座席と、デッキ部分があります。


大人しく座っとこう と思いましたが
景色が綺麗で…!!
夫に荷物番を頼んで デッキ へ。





リアルト橋が正面に…!!
感動〜〜!!



ちなみに、船の中にあった 停車駅の案内

サンタルチア駅の停車場は、
サンタルチア ではなくて!(笑)
Ferrovia という乗り場名です。
電車マークが付いてますね!(^.^)




さて、上陸〜









同じく、初めてのサンタルチア駅。
こぢんまりしてるし、分かりやすかったです(^.^)



○○○




とりあえず、乗る列車のホームを電光掲示板で確認!
ここも、横1列にホームが並んでいるので、ホームを探して歩きまくる…ということはありません。




チケットは 旅行会社にとって貰っているし、
かなり余裕をもって早く出て来たので、時間もあるし
カフェで朝食を食べる事にしました♪
ホテルで貰ったやつは、また食べよう♪




ちょっとしたカフェがあり、
色んなピザ?ピタパン?が並んでて、
テイクアウトしたり、立ち食いや、座席でも食べられるよう。




ガラスケース内のピザを注文しようとしたら、
あっちで先にお金を払ってね、と。


それで、レジで注文しようとすると、 欲しい物の番号を言ってね、と。

行ったり来たり(笑)





それで、二種類のピザ?と、パイナップルのカット、
コーヒー、紅茶(メニューがイタリア語だったので、イングリッシュティーある?と聞きました。)を注文!


お金を払い、そのレシートを持ってショーケース前へ。

それを見せると…
どれにしますか?と。


レジで番号を伝えたけど、価格しか表記されてなくて。
同じ値段のが何個かあるんよね。
欲しい番号伝えたんだから、そこまで表示すればいいのにね!(笑)

これ、フェニーチェ劇場でも、そうでしたよね〜f^_^;



ともあれ、
ピザをゲット!そして別のカウンターで ドリンクもゲット。

ここで飲む?と聞かれたので、
テイクアゥェイ したいです、と答えて…
でもとりあえず 立ち飲みスペースで食べました(^.^)






美味しかっですよ!^_^








行ったり来たりで 時間をとってしまったので、
残りの飲み物は 持って電車へ。







フレッチャ アルジェント(銀の矢、という意味) という列車です。

列車は 改札も無いらしいし、予約席だからか、刻印を押したりも無いそうなので、そのまま乗車♪


ホームの、端っこには 動かない電車が止まってたのかな…?
ホームを けっこう歩きましたがf^_^;






列車の中
座席は荷物置き場の近くが取れました って旅行会社から聞いてたけど
既にいっぱい…!!
あれ?どうしよう?と思ってたら、
見かねた近くの おじちゃんが、
「上に置いたらいいんだよ!」とジェスチャー。でも、
うちらの上の棚は、幅が狭くて。



通路を塞ぐわけにもいかないし〜
結局、座席から離れた席の上に置いて、
時々 注意深く見る事に。。
(列車内でのトラブルも、耳にしますからね。奪って降りられたら、追いかけられないし。)



噂には聞いてたけど、
発車のベルも何もなく、おもむろに出発…!(笑)



新幹線のような位置付けの高速列車で、 スピードは早いけど、めっちゃ揺れる!!
私はまた しばらく 体が揺れるハメに。。(*_*)








私たちの前の席は大学生かな?日本人の男の子のグループでした。

彼らはフィレンツェで降りたので、
荷物置き場が空いて、やっと近くに荷物を置けて安心できました〜f^_^;

一応、チェーンのような鍵を、
旅行鞄と 列車に つけました。




かなり席が空いたので、横に移動〜



私たちも行きたかった…フィレンツェ付近



あちらは、ホームが横1列、って言いましたよね?
主要な都市の駅は、乗り入れになってる(終着駅みたいな感じ。)んですよ。

だから、乗りいれて…そのまま後ろ向きで出発するんですよね(笑)


フィレンツェで、後ろ向きになりましたf^_^;






さぁ、いよいよ到着時間が近づきー
ちょっと予定より早く着いたのかな?とか思って。 海外は時間が正確じゃないし、早い事もあるのかな〜と、ローマで降りたんだけど…


あれ?なんか違和感…!
駅が小さい?? 乗り入れじゃない?

(荷物が重くて段差もあるから 私の力では難しくて…夫に手伝ってもらって、やっと!)

でも… ここ、違う気がする!!

と思った時は 既に遅しで…
なんと、違う駅で降りちゃいました(TT)

東京のつもりが品川だった、みたいな…。(泣)


車内の人が多かったら、降りる人の数が少なくて気づけたかも知れないけど、 少なかったし、何個止まるかまで調べてなくてー。


帰国後、フレッチャ アルジェントの停車駅を調べてみたんだけど、
やっぱり良く分からなくてね〜f^_^;

ローマでは 停車駅が ひとつじゃない、、?





指定席チケットだったのに…
やっちゃった…!! って感じでしたけど、
とりあえずホームから上がって、チケット売り場へ。



そこのカウンターの男性に、
「私はヴェネチアから来たんだけど、
間違ってしまって、、」とチケット(と言っても、ネットを印刷した物。)を見せると


あ〜 次だったのにねー、と。

この人、めっちゃソフトな喋り方で優しかったな〜(/ _ ; )
イタリアで会った中で1番 優しい雰囲気でした(笑)




それで、○番線の ○:○○発の電車に乗ればいいよ、と言いながら、チケットに 書き込んでくれて。

ちょっとした事だけど…
聞き取るより書いてくれた方が、断然、有難いんよね〜^_^


このチケットのままで大丈夫ですか?
と確認したらok との事で、一安心!!


30分ほど後の電車でした。



ほっと胸を撫で下ろして…
ちょっと飲み物を飲む事に。




切符売り場と同じ階にあった お店で、 テイクアゥェイ でコーヒーをお願い!と言うと、、、

え?!っていうほど小さい紙コップに、微量…。。
え?ナニゴト…って感じだったけど(笑)
コーヒー っていうと、エスプレッソが出て来ちゃうみたいですねf^_^;


ほんとすごく少しで、ビックリしちゃった!

まあ、こういう小さな失敗は
たくさん、やらかしましたねぇf^_^;



でもまぁ、体と、パスポートと、大金が大丈夫なら
良し!だと思います(^.^)
小さな間違いは、仕方ないですね〜









そうして…
ホームで待っていると、
時間に、普通電車のような物がやってきました。

乗ってすぐに 駅員さんにチケットをチェックされたので
なんかドキドキしましたが…
説明したら ok! と。

駅員さんがメモを書いてくれてたのも良かったのか…
元々大丈夫な事なのかは よく分からないけどー。



間違えて降りた
Roma Tibrtina(ローマ ティブルティーナ)駅


乗り換えた列車は こんな感じでした。









も〜ほんとドキドキしましたがー
いよいよ ローマ テルミニ駅に到着です!

さすが広い!!

スリが多いとも聞くのでますます気を引き締めて…!



テルミニ駅も やはり、全部ホームが横一列に並んでいるので、簡単!

ホテルの方角もスグわかったし、
駅のすぐ近くだったので 良かった♪

ホテル内の快適さも大切だけど…
大荷物持って移動しますから、分かりやすい場所ってのも、大事ですね〜!






ローマは都会だ〜
車も多かったです!

駅からすぐの大通り添いに
ホテル ベットーヤ メディテラ ネオ
イタリア国旗と、ユーロの旗が ある所です。

それがホテルの目印のようですね。




最後、ローマのホテルは
ちょっと奮発しよう!と 四つ星ホテルで ちょっと高め。(と言っても1人12000円くらいかな)

1番豪華な雰囲気でしたね〜^ - ^






中の雰囲気に ちょっと圧倒されつつ、チェックイン プリーズ!
ここは、パスポートを見せるのみで、カードは不要でした。
朝食の説明のみで滞在税の説明は無し。(最後に支払ったけど。)

鍵はカードキーで、2つ渡されました。
710号室。セブン テン と表現してました。

一瞬、ポーターさんが動こうとしたけど、
フロントの人が止めたような雰囲気…

荷物一個だったからかな〜?
よく分かんないけど。

正直、その方が気がラクでした。
チップのことでドキドキするの…メンドーだからf^_^;







ところで、ヨーロッパのエレベーターは、どれも怪しいです(笑)古いのかな〜?

それと…扉が開いてる時に、階数のボタン押すと、閉まってた…気がします。

このホテルは、ヴェネチアとは違い、ある程度 規則的な部屋の並びで、
中も、1番 豪華な雰囲気でしたね〜(^.^)


階段の様子
やはりリノベーションなのでしょう







バスルームも綺麗だし、アメニティも 1番豪華でした。
(シャンプー、石鹸、靴磨き、裁縫セット)







あ〜 ドキドキして、気力を消耗しましたf^_^;

とりあえず、荷物を置いて、ちょっと休憩! この日の予定は、予約してたディナーのみ。
続きはまた次にー





○○○○○


今回、降り間違いで すったもんだしましたが…
そして、揺れましたけど(笑)

でも電車好きな私としては、
景色の移ろいを見ながら移動できる
電車移動は、いい感じ(^.^)




空港みたいに チェックも色々ないしね〜!


このイタリアの列車(ヨーロッパの、他の物もかな〜)は、早く予約すればするほど 安いのだそう。
でも、単純に上がってくんじゃなくて、日によって 多少の上下があるみたい…。
(正直、意味不明、、笑)

なので旅行会社との やりとりが、やりにくかったんですがー。
(聞いても、夫と相談してから返事するから。)

かなり安く 行けましたよ(^.^)(6500円 ×2名/2等席)



あちらの列車には、1等車と、2等車 があります。普通とグリーン、みたいな感じかな?座席は全て指定でしたが。



列車によっては、1等も2等も あまり値段差がない物もあったんですが…
乗りたい時間の この列車は、1等が ちょっと高かったので、2等にしました。

1等は、座席が広いとか、
ドリンクサービスもあったみたいですが…
(降り間違えなければ)3時間45分の旅なので、
私たち的には、2等でも充分でしたね〜(^-^)

電車の早割を 簡単にできたら、
きっと 気楽にヨーロッパを旅できるでしょうね!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM