【ヨーロッパ旅行記 11】水の都 ヴェネツィア

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 19:23
3/15〜24の ドイツ イタリアの旅行記を書いています(^.^)
初のヨーロッパ。英語の喋れない夫と2人…ガイドなしのフリープランにチャレンジ!


当時のメモを元に、加筆して書いています(^.^)




○○○

さて、旅もいよいよ中盤!
水の都 ヴェネツィア 観光ですー!



3/20(火) 前日のゴタゴタで ちょっと疲れて、朝はゆっくりめに起床。
疲れは取れたけど…ヤバイ…体、揺れてる、、^^;(前日のヴァポレット…水上バスのせい)



ホテルの朝ごはんは こんな感じ♪

噂では知ってたけど… 朝から甘いものが沢山!

クロワッサンも中にクリームがあったし アップルパイ、ガトーショコラ、カップケーキなど、、、

あまーーい!!(笑)
美味しかったけど、ちょっとヘビーですね!

後は、フルーツパンチと、ヨーグルト(カップ入り)とドリンクぐらい。

出発前にネットの口コミで、
四つ星ホテルの割に食事が… って書き込みを見かけた訳が分かりました。
でも、ローマもこんな感じだったので、
きっとイタリアの朝ごはんが、文化的に、
甘い物をちょっと食べてコーヒーを飲む。以上!
って感じなんでしょうね〜(たぶん)





さて外は天気も回復してて、散策日和!
前も書いたけど…出発前は、
行く先々、雨の予報になってて。天気ばかりは仕方ない…
その時の景色が、カミサマからの贈り物 と思おう!と思っていたのですがー

気温は低かったけど、ヴェネツィア のこの晴天は すごく嬉しかったです!!^ ^






まずは ランドマークの サンマルコ広場へ!
前日、ヴァポレット降り場を間違えたので、初のサンマルコ広場です。

細めの道からパッと視界が開けて…
ちょっと感動〜〜



沢山の人が集まっていました!!

荷物に気をつけつつ、記念撮影♪


後ろに見えるのは、サン・マルコ寺院 です。




ほんと沢山の人でした〜
そして、沢山の鳩と、カモメ♪
カモメの鳴き声が 情緒があって良かったです。



ランドマークの 鐘楼
大きすぎて…近いと写真に入りきりません^^;

塔にも登れるみたいですが、私たちは下から見ただけ。


かなり離れると 全容がわかります(笑)

この広場は、
ナポレオンが 「ヨーロッパ1 美しい広場だ」という言葉を残しているそうです(^.^)



広場の周囲には、
世界最古のカフェ と言われている「フローリアン 」を始め、カフェが並んでいて、時々 生演奏なども聴こえてきます。
温かい季節には、カフェテラスも 人でいっぱいになるのでしょうね(^^)







さて次に目指すは、フェニーチェ劇場。
夜にオペラを見たくて、券を買いに。
サンマルコ広場からは近いけど、なんせ迷路!一個一個確認して進むのは難しすぎるので、とりあえず感覚でー^ ^

私、方向音痴なんですけどね〜
ビンゴ!ヴェネツィアでは 勘が冴えてて。
迷わず、サンマルコ広場から10分もあれば着きました。



フェニーチェ(不死鳥)劇場
外観は わりとシンプルです。


とりあえず入り口 右手のミュージアムショップへ入って、チケット売り場を探します。



ショップには文房具などが販売されてました。

普通オペラは夜に開演されていて、
昼間は 見学できるようになっています。カウンターに案内がありました。(10ユーロ。写真を撮るには+3ユーロ)

どこを見ても、日本語がね…無いですよね、残念ながら。

ヨーロッパも中国人がすごく多くてね〜中国語の案内がある所はあるけど、日本語はほんと見かけなかったな〜。



とりあえずカウンターの人に、
「今日のこのチケットが欲しいんだけど〜」 と言ってみると、ok!と言って座席表を見せてくれました。
良かった、ここで買えるらしい。


オペラは、下の座席 平土間(プラテア)が1番高くて、次が側面の ボックス席と呼ばれる個室。
それらの中でも、けっこう細かく値段が違うらしいです。


最初、1番下の高い席を教えてくれたので、慌てて
「高くない席でー!」(not expensive!)
というと、1番上の ここの席は 1人25ユーロですよ、と教えてくれました。
3000円ぐらいですね(^.^)



お値段が手頃なのが良い というのと、
もう一つ!良い席は ある程度キチンとした服装が必要なんですが、
荷物が増えるから と軽装で来た私たちには、このガレリア(天井桟敷)席が ちょうど良くて!
事前にネットで日本語では 見つけられなかったので、出たとこ勝負!と窓口で買うことにしたのです(^.^)

ネットにはない安いチケットもあるよ、という情報をネットで得ていたので。

という事で、そのチケットをゲット!!
ひとつ、任務完了です!
ほっと胸を撫で下ろし、晴れ晴れした気持ちで
「グラッツェ!!(ありがとう)」を言って 劇場を出ました(*^^*)








開演の19時までフリーです。
本当は ムラーノ島か ブラーノ島へ行こうと思ってたけど、
朝、ちょっと部屋でのんびりしてしまったのと、
私…吐き気はないけど船酔いで(T . T) ヴァポレット は、もう帰りまでいいわ〜と思って。。

本島のみをウロウロしました。





劇場の次は、中心部にある リアルト橋 へ向かいましたよ

正直、細かい道は どこを通ったか分かりません^^;

道、こんななんですもん…。
黄緑の1のフェニーチェ劇場から、15番近くの リアルト橋を目指します。




でも、細い運河があって 船頭さんの歌声が聴こえてきたり…


ちょっと拓けた広場に出ると 教会や何か建物があったり…
(これが何なのか、実は分からないんですがー 笑)


時間の制約もないので、のんびりお散歩です♪
それが嬉しい(^.^)



お店も色々ありましたよ〜!
ブランドショップから、
H&M(ユニクロ的な服屋さん)

それから、イタリアと言えば…革のバッグのお店、ヴェネツィアン グラスの店、飲食店 などなど。

2月には 仮面をつけるお祭りがあるらしく… 仮面もお土産屋さんに多かったですね〜(^.^)
こんな風に、通りを歩くだけで楽しくて♪♪♪





そんな中、ふと 素敵なポストカードが並んでいるのを見つけて^ ^



写真、ポストカード好きな私は、入っていい?と 中へー。

ポストカード、小さなメッセージカード、それから奥には額に入った写真も…
どの写真も すごく素敵!!!
外でパッと見た瞬間、この人の作品 好きだ!って思いました^ ^


こちらが購入したポストカード


ちゃんとした値段を忘れてしまったんですが…
1枚2ユーロ、3枚 5ユーロとか そんな感じになってました。 (レシートが出てきたら追記します)



こちらがメッセージカード


そしてこのお店は切手も販売してると書いてて。
私、出すためじゃなくて、切手そのものが欲しかったんですよね(笑)

で、切手も下さい、と言うと…
国はどこですか?と聞かれ、日本ですと答えると、
必要額の切手をくれました(^.^)
サンマルコ広場の柄で素敵〜



左のやつです。
この袋に ポストカードと一緒に入れてくれて。
どうやら、黄色いポストが国際郵便用のようですね。



絵で表記してます 1枚、自分宛に出してみても良かったかな〜



☆写真、ポストカード ショップ
Marco Missiaja ※グーグルマップの検索で、この名で出てきました
住所:
San Marco, Calle Fuseri, 4367, 30124 Venezia VE,

ちなみに、HPが
www.missiaja.com

日本でもそうですが…偶然に好きなテイストのお店を見つけられると ほんと嬉しいですね(^.^)





そして、文房具店も、発見!
イタリア文具と言えば…ファブリアーノ!!
空港などにもあるそうなのですが…中へ。

ノートやペンなど、オシャレに並んでいます。

有名だから、逆に日本でも買えちゃうけど…旅の思い出に、とノートと 小さなペンを購入



そしたら、ペンの替え芯は いかがですか?と男性店員さん。

イタリアのお店の方って、ローマもそうだったけど、すごく色々おススメしてくれるんですよね〜^^;

せっかくなので、1本下さい というと、
こっちもあるけどー
って、10本くらい入ったお徳用?も見せてくれましたが(笑)さすがに ノー グラッツェ!




紙モノと言えば、イタリアは マーブル紙が伝統工芸品として有名らしくて。
紙のお店もありました(^.^)

とても親切な女性店員さんが 色々説明してくれて、紙好きな私としては、1つ欲しい所だったんですがー
手作りで お値段もそこそこしますし、そこはグッと我慢 しました〜






さて、やっと カナル グランデ(運河)も見えてきてリアルト橋にやってきました(^^)



わ〜写真の通りだ〜〜
そして、人がギッシリ!!(笑)



橋の両側にはお土産さんがいっぱいです。


橋の上は 沢山の観光客が ゆっくりとカナル グランデを眺めていて、場所があくのを少し待ちました。


橋からの眺め


わ〜〜〜
気持ちいい景色です(^^)



長年かわらず…
世界中の人が、この景色を見に 訪れるんですね〜(^^)







そして、リアルト橋のすぐ近くに免税店
T フォンダコ デイ テデスキ by DFS があります。

ここは、トイレも無料で借りられるし、店内も素敵なんです!

歴史的建造物をリノベーションしてて。
新しさと古さが融合されてて素敵ですよね〜(^.^)こういうの、好きです!


あと、屋上から景色を見られるとネットにあって…
予約がいるとか いらないとか…よく分からず来たんですが。

結局、けっこう並んで待ちましたけど屋上に出て 街並みを見られました。
並んでる時は、うーん、、って思ったけど…
並ぶ価値はありましたよ(^.^)







ほんと、街並みが統一されていて素敵ですよね〜

これらを維持する為に、外観はそのまま、中をリノベーションしたり。
この建物自体もそうだし、ホテルなどもそうですね。

修繕やリノベーションって、時によって新しく作るよりお金や手間がかかりますが…
そうやって、この景色を守っているんですね〜〜





長くなったので、続きはまた改めて〜
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM