自分の願望に○をする!

  • 2015.07.29 Wednesday
  • 21:39
先日も書きましたが
夏休みに入って、子どものサマースクールで工作教室を担当しているのに加えて、

親戚の子が泊まりにきたり、

ご近所の子どもが訪ねて来たり(花の種をあげてから すっかりお友達認定されたようで、時々 やってきます。笑)

なんだか毎日のように子どもに まみれています^_^;笑



子ども達は本当に元気!
エネルギーの塊みたいに感じます。

正直、体力的には めちゃくちゃ疲れます^_^;
が、同時に とてもとても、癒されている と感じます…

純粋なものに触れているからでしょうね〜


その純粋さって、決して 大人にとって都合の良いものばかりじゃないんですけどね。


どういう意味かと言うと、

もう1個欲しい! とか
これ嫌い〜 とか
これやりたい! とかetc…

まぁホント、見事に自由!
常識とか遠慮とか、ありませんから(笑)

全員じゃないし、場面にもよると思いますけどね
(子どもだって、子どもなりに我慢したり遠慮したり、大人の顔色うかがったり しますからね。)

でもね、私の工作の時間の子ども達の大半は、かなり
自分の願望に正直です(笑)



だからね、授業の進行 って面から言うと、困る場面も多々あるんですけどね〜

でもね、そんな所もひっくるめて、
”純粋な気持ち”に 触れていると、
うまく言えないけど、
自分も 癒される気がするんですよね〜




自分の希望や願望を押し通そうとする のは、上手くいかないかも知れません。

でも、自分の希望や願望、気持ちを 率直に伝える のは、いいんじゃないかな…
大人でも真似して大丈夫なのでは?




投げつけるみたいに… ねじ曲がった形じゃなくてね。本当に素直に本当の気持ちを伝えるんです。



どうして○○してくれんの?
じゃなくて、
→ こうして欲しい
と言う。そんな感じかな。


○○で悲しい、とか
こう感じた
って事を、伝える。

正しく伝わったら、きっとあまりケンカや揉め事にはならないと思うんよね。



よく、「本音を伝えよう」って見聞きするけど、
あなたが伝えようとしてる それ、
本当に 本音 ?

(本当か嘘か って話じゃなくて、
根底にある気持ちかどうか、という事です)



相手を責めたらダメとか、怒ったらダメとか、道徳的な事を言ってるんじゃなくてね。

怒りの奥には、悲しみや不安が隠れてる場合が多いから…
そっちを伝えないで、なんか責めるみたいな言い方すると、本音の部分は ずーっと伝わらない。
だけじゃなく、たぶんケンカになる^_^;




なんか書いてるうちに、話が少しズレてしまったけど…

もっとこうしたい、こうして欲しい
っていう気持ち。
こうされると、悲しい
(こう感じるから やめてほしい) など…


自分がまず気づいてあげて、ストレートに出してみたら、
イライラとか モヤモヤとか、軽減するかも…。
(しなかったらゴメンなさい^_^;)




もしも伝える事は難しそうなら…

まずは、
自分の願望 ”欲しい” に気づいて、
それに○をしてあげよう♪

それだけで、ちょっと心が柔らかくなると思う(^^)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

月齢カレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM